温泉宿情報 温泉クチコミ 北陸・関西【2013年】
全国の温泉宿−温泉・温泉宿の情報が満載!
温泉と温泉宿のクチコミ情報を掲載しています! ハイクラスの宿 クチコミ評価高い お風呂が源泉

■北海道・東北
2011年 2012年
2013年 2014年
■関東
2011年 2012年
2013年 2014年
■信越
2011年 2012年
2013年 2014年
■東海
2011年 2012年
2013年 2014年
■北陸・関西
2011年 2012年
2013年 2014年
■中国・四国
2011年 2012年
2013年 2014年
■九州
2011年 2012年
2013年 2014年











◆富山県
◆1.氷見温泉郷 20130817
富山県氷見市にある「総湯」をお勧めします。天気が良ければ立山連峰が海越しに望め、最近新しくできたばかりで、施設はきれいです。泉質は黄褐色の塩泉で、露天風呂やサウナもあります。道の駅に隣接していて、そちらには同じ温泉を使った足湯も作られています。この温泉は湯あたりしやすいので、長湯をしたい方には炭酸泉がお勧めです。少し残念なのは、せっかくのロケーションなのにお湯につかりながら海が眺められないことです。(内湯での半身浴なら眺められます)(yoko)
◆石川県
◆1.片山津温泉 20130203
片山津温泉(石川県)の「街湯」をオススメします。片山津温泉中心部の湖畔に立地する公共浴場です。湖もしくは中庭を望む素晴らしい景観の浴室が素晴らしいです。温泉は掛け流しと循環の併用ではありますが、塩素臭はなく新鮮な湯が楽しめます。洒落た建物の二階には喫茶店もあり、こちらもリーズナブルで美味しいスイーツが楽しめました。(ぶひお)
◆2.白山一里野温泉 20130203
この季節はスキー場に近い白山一里野温泉(石川県)をお勧めします。スキー場が目の前ですし、源泉かけ流しの宿が多いのでとてもいいです。(しょう)
◆3.和倉温泉 20130224
昨夏に和倉温泉に行きました。歴史ある温泉街にはほぼ例外なく共同浴場がありますが、和倉温泉ではそれを「総湯」と呼びます。一昨年に新装開店した総湯は広々とした浴場にサウナ、露天風呂と本来あるべき総湯の姿ではない気がしましたが、高級温泉街として知られる和倉温泉ではこれもありかなと思いました。飲泉場でお湯を味わってみましたが、塩化物泉のお湯はものすごくしょっぱかったです。なお、外には足湯もあり、420円という価格以上の施設だと思いました。一度訪れてみる価値ありです。(ますとも)
◆4.山中温泉 20130331
加賀温泉郷・山中温泉を紹介します。白鷺が傷を癒したという開湯伝説を持つ全国的に有名な温泉街で、大聖寺川の渓谷沿いに位置します。その渓谷は鶴仙渓といい、川のせせらぎを聞きながら浴衣でそぞろ歩きするととても優雅な気分になれると思います。温泉は、私は旅の途中に立ち寄ったので共同浴場である総湯に入りました。巨大な浴槽が中央にあり、囲むように洗い場があるという非常にシンプルな構造になっていて、地元の方々でとても賑わっていました。温泉街にありがちな光景ですが、温泉と共に発展してきた街であることを実感できました。(ますとも)
◆福井県
◆1.あわら温泉 20130203
年末から正月3日まで福井県のあわら温泉に行ってきました。あわら市の全景が見える高台に建てられている青雲閣は、雪景色が美しくとても静かで綺麗なホテルです。温質は透明なアルカリ温泉ですが、お肌もスベスベになる気持ちのいい温泉で、すっかり気に入った家内は10回も温泉に浸かりました。料理も毎日変わる創作料理なので、美味しくて食事の時間が待ちどおしい程で、アッと云う間の4日間でした。カラオケも無料なので毎日家内と二人で歌いました。他にも卓球や漫画室、インターネットが無料なので時間が過ぎるのを忘れてしまうほど楽しい温泉三昧の日々でした。”あわら良いとこ、何度も行こう!”そんな気がする温泉ですね。(琵琶湖の月桂樹)

湯快リゾート
癒しの宿 青雲閣

夏休みはお子様連れで芝政にという方必見!リーズナブルなご予算であなたにピッタリの旅が簡単に見つかります。

◆2.あわら温泉 20130601
芦原温泉・まつや千千はお風呂・料理とも素晴らしい。(hony10)

まつや千千


第38回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」14年連続入選中♪クチコミ総合(4.5)風呂(4.7)特別フロア「時忘れ離座」露天風呂付き客室完備。源泉大浴場・大露天風呂「千のこぼれ湯」北陸最大級スケール
◆滋賀県
◆1.信楽温泉 20130203
信楽温泉多羅尾の湯に行った。「こんなとこに温泉が?」と疑問だったけど、成分表に「単純アルカリ泉」とあった。入ると温泉臭は無いものの、まったりして温泉であることには間違いなかった。寒さがすっとぬけていく感じがした。ここはホテルも併設していて、本館もあるがコテージが安かったので、そちらにした。これがなんとも立派なコテージ。メゾネットで2階には洋室が3室。階下はリビングやキッチン、和室など。余裕で8人は泊まれる。要するに大家族やゴルフ仲間ときたときの施設なのだ。冬だからこれだけ広いコテージが格安。ただ露天風呂もついていたが、あまりの寒さのために利用せず。しかも大浴場やレストランまで、歩いて10分程かかる。この寒さのなか、歩いてもいられず、車で移動したのだった。浴衣で車を運転したのは初体験だった。夏なら値段は上がるだろうが、ファミリーにはおすすめの宿だ。ただし飲まない人向きか。(ごん太2)
◆京都府
◆1.木津温泉 20130601
木津温泉(京都府)をオススメします。こんなところに掛け流しの湯があるというのは、気づかなかった。そんな穴場的な!しかし、ちゃんとした旅館が何軒もある超穴場といえる温泉です。鉄道の駅(北近畿タンゴ鉄道)からごく間近に数軒の古い歴史のある温泉宿が散在する。いわゆる温泉街はなく本当に静かだ。しかも一軒一軒の温泉宿が歴史をせおったレトロな宿で、日本庭園が立派な小宿から、レトロな雰囲気を残す大きな宿(その静けさを愛して松本清張が逗留執筆したという)までいろいろ。湯量豊富で掛け流しというのも大きな魅力だ。海に面してはいないが丹後の海はすぐそこなので、海産物は豊富。どの宿も魚の新鮮さ豊富さを売りにしている。宿代が比較的安いのもいいところ。デメリットとしては、賑やかな温泉街ムードを好む人には向いていないこと。掛け流し温泉マニアの静かな一人旅、密かな二人旅、家族旅行(なにせ人数が多くても比較的安上がりだし、海も近いし)日本海の魚や蟹を狙ったグルメ旅などに向いた、隠れ家的な穴場と評価できる。(ito-jun)
◆2.奥伊根温泉 20130813
京都府北部の奥伊根温泉「油屋」をお勧めします。舟屋の並ぶ伊根湾の近くにあり、見えるのは海ばかりですがとてもいいお湯でお肌しっとり、何度でも入りたくなる温泉です。食事も海の幸いっぱいで、お肌もおなかも幸せいっぱいのんびりゆっくり過ごせます。チャンスがあったのでこの春にリピートしてきました。(ごん)

奥伊根温泉 油屋



【丹後・奥伊根の隠れ宿】油屋は、雄大な日本海を望む高台に、ひっそりとたたずむ一軒宿。自家掘り掛け流しの名湯と、眼下に広がる紺碧の海の眺めは、心と体を癒します。


大人の隠れ宿
油屋別館 和亭


日本海を望む高台に佇む京都・丹後の隠れ宿。大人のくつろぎをテーマに一品出しのお部屋食と露天風呂付客室が自慢です。24時間入浴可能な大浴場完備。ローションいらずのしっとりとしたお湯をお楽しみ下さい。
◆大阪府
◆1.松原温泉 20130622
松原温泉ゆーゆ(大阪)を紹介します。天然温泉でかけ流し、泉質は有馬と同じということで、濁っています。ゆっくりできて温泉もいいのですが、少し高いのが難点です。(しょう)
◆2.生駒山龍間温泉 201300713
大阪のホテル阪奈に泊まりました。生駒山の中腹にあるゴルフ場のホテルですが温泉付きです。平日は結構空いていて、ビジネス客向けに格安の料金で泊まれます。まず部屋ですが、広々として綺麗です。ゴルフ場ですので敷地も広くてゆったりしています。食事も美味いフレンチでした。温泉は地下1500mからの汲み上げとのことで、PH=8.9、24度のアルカリ性の単純泉です。ナトリウム炭酸水素塩泉で、炭酸水素塩成分とメタケイ酸成分が多いので結構ツルツルします。残念ながら循環ですが、塩素の匂いはきつくありません。循環と知りながら少し飲んでみると微かな鉱物臭があります。湯量は毎分240Lと多いので、源泉かけ流し浴槽を付けてもらえれば結構温泉で客を呼べるのではないかと思います。もったいないですね。大阪にいながら非日常が味わえるホテルでした。(サーク猫)

ホテル阪奈


ヨーロッパの古城を思わせる優美な外観。丘陵から望む煌めく夜景は息をのむ美しさ。緑と静寂につつまれた瀟洒なリゾートホテルがあなたを優しく出迎えます。大阪・奈良にも近く観光・ビジネスにも最適。
◆兵庫県
◆1.南淡路温泉郷 20130601 南-1
ホテルニューアワジはいろんな温泉が有ります。恋人との旅行、家族旅行、接待と個々の目的に合った魅力があります。特に棚田の湯から海を展望でき景色もすばらしいです。(おかしや)

ホテルニューアワジ


淡路棚田の湯・くにうみの湯・天宮の雫で海の見える3つの湯処巡り。全室海景で夕朝食ともに【お部屋食】(ダイニングプランもあり)。御食国淡路の三大グルメ「海の幸・淡路牛・淡路野菜」を堪能。

ホテルニューアワジ
プラザ淡路島


鳴門海峡を一望する岬の高台に立つヒーリングリゾート。淡路牛、鳴門の鯛、沼島の鱧、淡路島3年とらふぐをはじめとした御食国の恵みをご用意。展望露天からは大鳴門橋と夕陽が織り成すサンセットショーを。

ホテルニューアワジ別亭
淡路夢泉景


お客様に上質なやすらぎとホスピタリティを感じていただける18室の贅沢・特別フロア”里楽”と海と空と温泉が全身を包む湯賓閣”天宮の雫”。整えられた空間とサービスの中で特別な1日を演出いたします。
◆2.有馬温泉 20130713 有-1
メープル有馬(兵庫県)は六甲山の北麓に有ります。有馬温泉は日本三古泉のひとつ。有馬ブランドを誇る温泉の人気は衰えること知らず、今も旅人を魅了してやみません。その有馬の地に佇み「馴染むほどに寛ぐ普段使いの別邸」とのコンセプトを持つのがこの宿です。(よし)

有馬温泉 メープル有馬

15タイプ64室の豊富なお部屋バリエーションと、大浴場は自家泉源のラジウム銀泉を6種類の異なる浴槽でお楽しみ頂けます♪お食事は季節ごとに旬の食材を使用した月替りの創作和食コースをお愉しみ頂けます♪

◆3.有馬温泉 20130817 有-2
有馬温泉(兵庫県)は、兵庫県神戸市北区(旧摂津国)にある温泉です。関西の「奥座敷」とも称される。日本三古湯の一つで、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされました。特に日本列島は猛暑ですので、少し高地の涼しい温泉をお楽しみ頂くのもひとつの手段では無いでしょうか。(よし)
◆4.城崎温泉 20130914
城崎温泉は歴史が有り、泉質も良いと思う。特に冬は、かにカニ蟹(それ以外も)夏は古い町並みを浴衣着て歩くと雰囲気満点。冬は、雪景色が良いと思います。旅館街には川も流れ、古都を思い起こすような感じです。日本海なので魚介類も豊富で楽しめる。また、交通の便が意外と良い。車なら高速道路や有料道路でほぼ継り、近隣の都会から短時間で行けます。また、電車も十分つながっていますので、おまかせ感で城崎駅に行けますね。格式高い旅館もリーズナブルな旅館も色々有ります。是非、一度は行ってみてください。(nana)
◆5.有馬温泉 20130922 有-3
有馬温泉の簡保の湯(金の湯)は六甲山に有り、この暑い時期には少しは涼しい温泉に浸かりましょう。又、この湯は珍しく鉄分が豊富で地中では透明なのが、地表に湧き出てから金色になるそうです。他にも銀の湯も有り、周辺は温泉のめっかです。どこかの気に入った湯に浸かり、リラックスしましょう。当然ですが、温泉客が多いので、土産物も揃っていますので、是非、行ってみてください。(よし)

かんぽの宿 有馬



“かんぽの宿 有馬”…太閤秀吉も愛した“金泉”をかけ流しで♪加水しても湯船の底が見えないほど濃い“金泉”がこんこんと湧く自家泉源「愛宕山源泉」と、四季折々の会席をお楽しみください☆

◆6.南淡路温泉郷 20131103 南-2
兵庫県の淡路島にある「ホテルニューアワジプラザ淡路島」を推薦します。淡路島の南端に近く、大鳴門橋が見えるロケーションで、大鳴門橋方面に沈む夕日がきれいです。温泉は、ローションを塗ったようなぬるぬるした感触の泉質で、美肌効果があるそうですが、それが実感できるような大変気持ちの良いお湯です。お風呂上りにはアジアンテイストの休憩所があり、黒豆茶とハーブティーが準備されていて無 料で飲むことができます。癒されたい方にはぜひおすすめのホテルです。(湯々白書)

ホテルニューアワジ
プラザ淡路島


鳴門海峡を一望する岬の高台に立つヒーリングリゾート。淡路牛、鳴門の鯛、沼島の鱧、淡路島3年とらふぐをはじめとした御食国の恵みをご用意。展望露天からは大鳴門橋と夕陽が織り成すサンセットショーを。
◆7.有馬温泉 20131117 有-4
有馬温泉(兵庫県)をオススメします。有馬に近くなってくると、硫黄の香りがすごくしてきて「温泉に来たんだな〜」って感じがします。日程などは、はっきりとはわかりませんが、おサルさんの芸を見ることが出来るときがあり、家族ですごく楽しめました。特に、幼稚園児の次女は、楽しそうに見ていました。炭酸せんべいも美味しいし、お勧めです。(やまこちゃん)
◆8.有馬温泉 20131215 有-5
有馬・兵衛向陽閣(兵庫県)は創業700年の老舗旅館です。有馬随一の趣の異なる三つの大浴場で、名湯有馬の湯巡り・温泉三昧を存分に楽しめます。紅葉も真っ盛り、寒い日も増えてきます。丁度、温泉を楽しむうえではもって来いの季節です。是非、一度、気分転換も出来る当旅館をご利用してみて下さい。(よし)

有馬温泉 兵衛向陽閣


当館は有馬温泉を愛した太閤秀吉より「兵衛」の名をいただきました。「純和風」「ローマ風」「湯治場風」の3つの大浴場で有馬温泉をお楽しみいただけます。会席料理やバイキングなど選べるお食事も人気!
◆和歌山県
◆1.勝浦温泉 20130817 勝-1
和歌山県の勝浦温泉は硫黄の香りがして温泉らしい気分が高まります。館内にいくつものお風呂があるホテルやさまざまな趣があるお風呂がたくさんあります。船に乗って行くラクダの湯は特別な趣がありました。紀伊の松島を望みながら入るお湯は最高です。またホテル浦島の忘帰洞も有名ですが、私はいかにも温泉という玄武洞がおすすめです。(ミント)

ホテル浦島


海水浴場百選の特選ビーチ『ブルービーチ那智』や『クジラと出会える海水浴場』の拠点にぴったりの温泉宿。キッズ向けイベントは毎晩20時15分から開催中。9/30までのビール付きプランも好評♪
◆2.湯の峰温泉 20131103
湯の峰温泉では必ずつぼ湯に入ります。カップルで入るにはちょうどいい大きさで、ゆっくり過ごせます。お湯も一日のうち何回か色が変わると言われています。周辺にも特長のある温泉がたくさんあり、川湯温泉の千人風呂や勝浦温泉の忘帰洞やラクダの湯がお気に入りです。(ミント)
◆3.勝浦温泉 20131103 勝-2
南紀勝浦温泉。ゆっくり出来る。肴が旨い。(風邪ひきぬ)
◆4.龍神温泉 20131124
和歌山龍神温泉がオススメです。美人の湯は身体だけでなく、心も美人にしてくれます。(和牛茶宇三)




お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]