全国の温泉宿 全国温泉クイズ 2008年
全国温泉クイズ
2000年 2006年 2012年
2001年 2007年 2013年
2002年 2008年 2014年
2003年 2009年 2015年
2004年 2010年 2016年
2005年 2011年 2017年
クイズの内容 正解 応募数 正解数 正解率
第89回

1/1〜1/31
2008年突入
次は何温泉郷の説明でしょうか?温泉郷名をお答えください!
花と緑に囲まれた岩手県最大の温泉郷で、江戸時代には城下町として(宿場町としても)、栄えたところである。また、「銀河鉄道の夜」「雨ニモマケズ」など、多くの作品で知られる宮沢賢治ゆかりの地としても知られ、市内には、彼の記念館や童話村、日時計花壇など、ゆかりのスポットが点在している。この温泉郷は、台川沿いの台・花巻・新湯本・金矢の4ヶ所と豊沢川沿いの松倉・志戸平・渡り・大沢・山の神・高倉山・鉛・新鉛の8ヶ所、計12ヶ所の温泉を総称して呼ばれている。中でも大沢温泉は、賢治が子供の頃から通い、後に高村光太郎も愛され「ここは本当の温泉の味がする」という言葉が残っている文人ゆかりの温泉である。
花巻温泉郷 60 58 96.7%
第90回

2/1〜2/29
次の文章は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答えください!
上越新幹線の○○○○駅周辺に温泉宿が点在し、スキー場も多い。首都圏からアクセスが良いため冬場は、スキー、スノーボードを楽しむ人々で賑わう。年間120万人が訪れるため、駅周辺には、リゾートマンションも増えているようである。温泉地のイメージとは逆に開湯の歴史は古く、平安時代まで遡る。また、江戸時代には北国街道の宿場町としても栄えた。後にこの温泉を全国的に有名にしたのが、ノーベル賞作家・川端康成の名作「雪国」である。小説の冒頭の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」というフレーズと共にこの温泉も有名になっていった。小説が執筆された部屋は現在も保存されており、一般の見学も可能である。なお、温泉は、弱アルカリ性の単純泉で、筋肉痛・神経痛・疲労回復などに効果があるといわれている。
越後
湯沢温泉
63 60 95.2%
第91回

3/1〜3/31
次は何温泉郷の説明でしょうか?温泉郷名をお答え下さい!
志賀高原の西麓、横湯川、角間川、夜間瀬川に沿って連なる9つの温泉からなる温泉郷であり、温泉郷の玄関口に位置するのは、湯田中(1)である。ここには、旧駅舎を改築した日帰り温泉施設「楓の湯」があり、檜と石造りの内湯に露天風呂が付いている。隣接のギャラリーや駅前の無料の足湯も楽しめる。次に古くから湯治場として栄えていたのは渋(2)で、全宿が天然温泉掛け流しを宣言しているなど、湯が良質であることをアピールしている。また、外湯の渋大湯は、万病に効く名湯として有名である。その他この温泉郷では、桜並木が美しい上林(3)、昔のまま情緒を残す角間(4)、周囲の眺めの良い穂波(5)、野猿の入浴が有名な地獄谷(6)、美人の湯として有名な新湯田中(7)、川のせせらぎが心地よい星川(8)、渋と畳で繋がる安代(9)の温泉を楽しむことができる。
湯田中
渋温泉郷
44 35 79.5%
第92回

4/1〜4/30
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答え下さい。
熊野灘沿いに130もの奇岩怪石や180の洞窟があり、南紀随一の景勝地として知られている。紀の松島めぐりと呼ばれる島巡りの遊覧ができる他、沖合では期間限定ではあるが、クジラやイルカ(回遊)ウオッチも体験できる。また、2004年に世界遺産として指定された熊野古道の大門坂、日本一の名瀑那智の滝、日本サッカー協会のロゴで知られる八咫烏と縁のある熊野那智大社、三重塔が美しい青岸渡寺などがあり、年間を通じて観光客が多い。さらに生マグロの水揚げ日本一を誇る漁業基地でもあり、マグロを中心とした美味しい海の幸は存分に味わえる。温泉は、硫黄泉や塩化物泉などで、源泉の数は200以上。海岸沿いにホテルや旅館が数多く点在している。
南紀
勝浦温泉
47 37 78.7%
第93回

5/1〜5/31
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答え下さい。
古くから温泉に恵まれていたため、温泉の地名は”湯富宿”からついたとか?海岸に自然湧出する温泉で温まった約50度の砂をゆかたを着て寝ころんだ体にかぶせる、天然砂蒸し温泉(世界唯一の天然サウナ)が有名である。宿泊施設は、湯治場として栄えた摺ヶ浜一帯に集まり、賑わいの中心となっている。砂の熱と重み、仰向けの姿勢が全身の血液循環を促進し、大量の汗と共に老廃物を排出してくれるため療養効果がある。入浴の目安は10〜15分で、あまり長くなると体に負担がかかるようである。また、薩摩富士こと開聞岳など、温泉を取り巻く景観が美しく、冬も暖かな南九州随一の温泉である。
指宿温泉 60 58 96.7%
第94回

6/1〜6/30
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答え下さい。
欽明天皇(539年〜571年)が皮膚病を患ったとき、温泉療法を試みたが、どの温泉も効果はなく病床に伏していた。東北のこの温泉も遠く都のあった大和へ搬送されることとなり、天皇が沐浴をおこなうと病は数日で全快したという。天皇はその喜びを次の歌に表した。

「覚束な雲の上まで見てしかな鳥のみゆけば跡はかもなし」
〜奇妙なことに、この温泉の湯を御所で奉ったところ鳥膚が消えうせた!の意〜


以後、「拾遺集」「大和物語」などにも歌われ、温泉のある名取川上流に「名取の御湯」といわれる霊験あらたかな温泉があるということが都にも知られるようになった。また、順徳天皇(1197年〜1242年)の時、皇室が選ぶ日本の名湯9ケ所の中で、名取、信濃(別所)、犬養(野沢)の三温泉は「御湯」という称号が付き、「日本三御湯」と称せられるようになった。
秋保温泉 49 47 95.9%
第95回

7/1〜7/31
次は何温泉郷の説明でしょうか?温泉郷名をお答え下さい。
この温泉郷のある村は、奈良県最南部にあり、大きさは日本一である。この山奥の秘境の里には、下を見ると目が回りそうな谷瀬の吊り橋や渓谷の対岸に渡る人力ロープウェイ「野猿」など、特有の名所がある。温泉郷は、ダム湖畔の○○○、渓谷沿いにある湯泉地、隠れた名湯・上湯の3つで、それぞれ泉質が異なる温泉である。この中で、最も賑わっているのが○○○であり、宿の他に複数の入浴施設もある。泉質は食塩を含む重曹泉で、肌にやさしく切り傷ややけどに効く。湯泉地温泉は、村の中央部にある山峡のいで湯で、泉度60度の硫黄泉が湧く。上湯温泉は、○○○から5キロほど離れた上湯川上流に湧く重曹泉で、享保年間に発見されたと伝えられる美人の湯である。
十津川
温泉郷
41 38 92.7%
第96回

8/1〜8/31
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答え下さい。
ここは北アルプスの南端、いくつもの峰が連なる乗鞍岳に抱かれた、標高1400〜1500m地帯に広がる大自然に囲まれた温泉地である。雪解けとともにミズバショウが咲き始め、秋までさまざまな草花が咲き誇り、夏はテニス、冬はスキーと一年中飽くことがないリゾートでもある。源泉は、山腹の湯川上流にあり、これを数キロ先のペンションや旅館に配湯している。空気に触れると白濁し、酸性が強いのが特徴である。殺菌効果があるため、水虫などの皮膚病やニキビに効くという。かもしか平の北にある三本滝は、日本の滝100選にも選ばれた名勝で、マイナスイオンをたっぷり浴びることもでき、温泉浴との相乗効果も期待できる。
乗鞍
高原温泉
37 18
当選確率
過去最高
48.6%
第97回

9/1〜9/30
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答え下さい。
標高1800メートルの自然に囲まれた上信越高原国立公園に位置する高所の温泉で、その歴史は古く、400年前の文献にも土地の豪族が入浴したことが記されている。泉質は27種類を数える硫黄泉で、80度の高温の湯が1日540万リットルという湧出量を誇っており、硫黄臭の漂う白く濁った湯は、いかにも火山地帯に沸く湯といった雰囲気を感じさせる。また、効能も多彩で、昔から重荷呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病に効能が あるといわれ、難病を治したというエピソードも数多く伝わっている。さらに美肌効果も高く、女性にも人気を誇っている。温泉街はないが、リゾートホテルなどが点在し、春から秋にかけてはドライブに最適、冬はスキー客で賑わう。
万座温泉 46 41 89.1%
第98回

10/1〜10/31
次は何温泉の説明でしょうか?温泉名(静岡県)をお答え下さい。
約750箇所の湧出口から、毎分約32,000リットルの温泉が出ており、全国でも屈指の湯量 を誇る温泉地である。この温泉の魅力は、和風情緒あふれる温泉旅館、リゾートホテル、民宿、ペンションなど、温泉の施設が豊富なことであり、ファミリー・グループから団体まで、あらゆる旅のスタイルに応える宿泊施設を誇っている。ホテルや旅館では日帰り入浴サービスを展開しており、市内のあらゆる場所で温泉を楽しめる。さらに昔ながらの共同浴場も数多く、地元の人々との交流やひなびた温泉情緒も楽しめる。街の中心を流れる松川沿いの純木造建築は、この温泉を代表する景観の一つで、川岸の遊歩道は風情があり、柳の揺れる石畳の散策路が続く。また、晴れた日に相模湾を望めば、房総や三浦半島、真鶴岬、初島を眺望でき、ロケーションを生かした露天風呂や展望風呂を持つ宿も多い。
伊東温泉 34 23 67.6%
第99回

11/1〜11/30
次は何温泉(岐阜県)の説明でしょうか?
出格子の町家が連なる高山市は、小京都の風情を感じる城下町。日本三大美祭の一つに上げられている高山祭りは、春の日枝神社・山王祭と秋の桜山八幡宮・八幡祭を総称している。その魅力は美しい祭屋台にあり、動く陽明門と称えられるほど豪華絢爛である。観光スポットは、江戸時代中期に役所として利用された「高山陣屋」で、全国で唯一現存する郡代・代官所で、年貢米を保存した蔵なども残っている。また、朝市も有名で、江戸時代から続いている。温泉が湧き出たのは比較的最近(1990年代から)である。無職透明の源泉は冷泉(30〜41度)で、ほのかに硫黄の香りがする。泉質はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩素。神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などに効き、飲用には適さない。
飛騨
高山温泉
47 36 76.6%
第100回

12/1〜12/31
次は何温泉郷の説明でしょうか?
青く澄んだ田沢湖の北東、田沢湖高原よりさらに奥に踏み入った乳頭山麓にある温泉郷で、1軒宿の温泉が先達川に沿って7ヶ所に点在する。一帯にはブナやミズナラが群生する空吹湿原や新緑・紅葉が素晴らしい鶴の湯峡がある。350年ほど前の記録が残る温泉郷最古の湯といわれる鶴の湯は、秋田藩主の湯治場だった歴史を持つ由緒のある温泉で、藩主を警護する武士が詰めていた茅葺き屋根の長屋は当時の様子をそのままに残している。日帰り利用の観光客も多いが、本陣や乳白色の湯を満たす素朴な混浴露天風呂など、秘湯ムードは失われていない。温泉ファンがこよなく愛し、一度は訪れたいと願う憧れの秘湯で、温泉ランキングでも必ず上位に登場する温泉郷である。
乳頭温泉郷 49 46 93.9%

お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]