全国の温泉宿 全国温泉クイズ 2007年
全国温泉クイズ
2000年 2006年 2012年
2001年 2007年 2013年
2002年 2008年 2014年
2003年 2009年 2015年
2004年 2010年 2016年
2005年 2011年 2017年
クイズの内容 正解 応募数 正解数 正解率
第77回

1/1〜1/31
2007年突入
次の○○に入る言葉は何でしょうか?(群馬県の温泉郷です)
○○温泉郷には、利根川の流れに沿って開けた○○温泉、その○○から谷川岳に向かって車で10分ほどの谷川温泉、その他、うのせ温泉、湯檜曾温泉、宝川温泉、湯の小屋温泉などが含まれる。温泉発見は戦国時代の16世紀頃といわれており、泉質は単純泉、泉温は50度前後と高く、一番高いのは、湯の小屋温泉の85度。疲労回復や神経痛に効果があり、自然が豊かなので保養・静養にも向いている。
水上 58 55 94.8%
第78回

2/1〜2/28
次の内容は、温泉の泉質について説明したものです。どの泉質について説明したものでしょうか?(答えは、○○泉です)
卵の腐ったような独特の臭いと白濁した湯に特徴がある。(換気の悪い浴室では中毒を起こすこともある)硫化水素、炭酸ガスを常に含み、よく言われる「イオウ臭」は硫化水素の臭いである。毛細血管を拡張させ、浴用、飲用ともに強い作用があり、万病に効果があるといわれている。
硫黄泉 56 52 92.8%
第79回

3/1〜3/31
次の温泉(九州地方)は何温泉でしょうか?
玖珠川の源流近く、標高1000mの地に湧く温泉で、周囲を緑の山々に囲まれ、昔ながらの湯治場の雰囲気を残した温泉街である。ここは、古くから打たせ湯の湯滝で知られ、その湯が筋になって落ちることが、温泉名の由来にもなっている。街の中心にある○○打たせ大浴場は、この温泉のシンボルであり、薬師堂下の薬師湯は、この温泉の原点というべき場所である。
筋湯温泉 49 40 81.6%
第80回

4/1〜4/30
次の温泉(秋田県)は何温泉でしょうか?
十和田八幡平国立公園にある焼山(活火山)の麓に位置し、PH1.05、非常に酸度が強い湯が、毎分9000リットル源泉から湧き出している。すり傷などはピリピリするが、効能が多岐に渡り、日本有数の療養温泉として注目を集めている。この温泉は、岩盤浴でも有名で、最近はテレビの温泉番組でも紹介される機会が多くなっている。地熱で温められた岩場にゴザを敷き、毛布などをかけて横になる温浴法は、新陳代謝を促進し、痛みを和らげるとして多くの支持を得ている。 
玉川温泉 72 63 87.5%
第81回

5/1〜5/31
次の(1)〜(5)中で、四万温泉(群馬県)の説明として間違っているものはどれでしょうか?間違っているものを1つ番号でお答えください。
(1)温泉の名は、「四万の病を治す霊泉」から付けられたという説がある。
(2)国民保養温泉地に全国で初めて(第一号)選ばれている。
(3)温泉は四万川沿いに湧き、下流の温泉口から5地区に分かれている。
(4)360段の石段の両脇に旅館やみやげ物店がある「石段の街」である。
(5)奥四万湖や小倉の滝など、自然に恵まれたスポットが点在する。
(4) 65 59 90.8%
第82回

6/1〜6/30
【問題】次の温泉は何温泉でしょうか?
開湯は約1200年前。武田信玄の隠れ湯として知られる名湯であり、切り傷、骨折に効くといわれている。日本国内では、かなり硬度が高い鉱泉で、クセがなく飲泉に適しており、ミネラルウォーターとして販売もされている。立地は、○○川の渓谷を望む山あいに位置し、森林浴も楽しめる閑静な湯治場である。華やかな観光スポットはないが、身延山久遠寺や熊野神社など歴史を偲べる名所がある。
下部温泉 68 62 91.2%
第83回

7/1〜7/31
次の温泉は何温泉でしょうか?
伝承では、猟師が傷を負った鹿を山奥まで追って行くと、その鹿が水浴びをしているところを見つけた。しばらくすると怪我をしているはずの鹿は元気になって走り去ってしまった。不思議に思った猟師が近づいてみると、そこには湯が沸いていた。すると文殊観音が現れ、日頃信仰の厚い猟師に湯の在処を教えたのだという。この由来を持つ○○○温泉は、昔から「中風の湯」として知られ、昭和初期までは内湯を持つ宿はほとんどなく、宿泊客は共同浴場に通った。現在は、環境庁の国民保養温泉地に指定されており、○○○病院を中心に温泉療法が盛んに行われている。いずれの宿も観光客向けというより、湯治客を対象とした長期滞在型が多い。
鹿教湯温泉 63 60 95.2%
第84回

8/1〜8/30
次の文章は何温泉郷でしょうか?
標高3000m級の峰々(槍・穂高連峰・乗鞍岳・笠ヶ岳の名峰)が連なる北アルプスの山麓に広がる温泉郷で、5つの点在する温泉地(平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高)を総称している。全国でもトップクラスの自噴湧出量を誇り、「露天風呂天国」と言われており、移りゆく四季折々の風情と表情豊かな自然が、名湯と共に心を潤してくれる。
奥飛騨
温泉郷
52 49 94.2%
第85回

9/1〜9/30
次の文章は、群馬県のある温泉の説明です。温泉名をお答えください!
この温泉は、泉温27度から60度、泉質は、石膏泉、アルカリ単純泉で、肌触りが柔らかくすべすべした感じの癖のない温泉です。昔から皮膚病に効くことで知られているが、慢性関節リュウマチ、アトピー、神経痛、火傷などにも効果がある。温泉の近くには、東洋のナイヤガラと呼ばれ、国の天然記念物に指定されている「吹割の滝」がある。この滝は、片品川の川底が幅30m、高さ7mに渡って浸食されてできたものであり、水が勢いよく落下して飛沫を上げる様子は迫力満点である。滝壺周辺で発生するマイナスイオンにより、心と体をリフレッシュする効果もある。
老神温泉 66 63 95.5%
第86回

10/1〜10/31
次の文章は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答えください!
岡山県北部の中国山地の山あい、吉井川のほとりに湧く温泉で、湯郷、湯原と並ぶ「美作三湯 」のひとつに数えられる。開湯は約400年前、江戸時代には津山藩主・森忠政が専用の湯治場を設けていた。「日本観光地百選」にも選ばれたこの温泉は、無色透明で漂白成分が含まれており、肌がツルツルになる美人の湯として知られている。河原には露天風呂が2ヶ所あり、そのうち1つは、かすりの着物の女性たちが「小唄」に合わせて洗濯物を足で踏んで洗う、名物「足踏み洗濯」で知られる「洗濯湯」である。元々、洗濯中に熊や狼から身を守るために、立ったまま洗っていたのが始まりとか。現在では、3月〜12月初旬まで日曜・祝日の朝に定期的に行われている。
奥津温泉 61 59 96.7%
第87回

11/1〜11/30
次の文章は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答えください!
阿蘇北側の静かな山あいにあり、筑後川上流にあたる田の原川沿いの渓谷に20軒ほどのこじんまりとした和風旅館が立ち並んでいる。ほとんどの宿は情緒豊かな露天風呂を備えており、泉質も多いのが特徴である。入湯手形(1200円で3ヶ所)を使って各宿の露天風呂をはしごできたり、各宿が非常に個性的で、温泉の魅力を存分に伝えてくれるなどこの温泉の人気は全国でもトップクラスである。なお、旅行会社を通さずに直接利用者から宿泊予約を受ける傾向があり、旅行会社を通す場合でも、提供部屋数が限られるため、予約は非常に取りにくいことが多い。
黒川温泉 57 53 93.0%
第88回

12/1〜12/30
次の文章は何温泉の説明でしょうか?温泉名をお答えください!
北海道では最も古くから栄えた温泉地で、1453年に木こりが帰り道に温泉を見つけ、後日、関節の痛みを湯治して癒した。御礼として薬師如来を刻み、小さな堂を建てて安置したというのが起源とされている。江戸時代から湯治場として地元の人々に利用される位であったが、1863年に100度Cの多量の湯が湧き出て温泉宿ができた。箱館戦争終わり頃には旧幕軍の総裁・榎本武揚が傷病兵を湯治させた。榎本自身も度々入浴に訪れたといわれ、湯の川の隣町「榎本町」は彼の名にちなみ、名付けられたようである。湯は無色透明で良く温まり、海沿いの宿からは、イカ釣り船の漁り火や波間に舞う粉雪など、幻想的な景色が楽しめ、人気を集めている。
湯の川温泉 40 38 95.0%

お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]