全国の温泉宿 温泉の口コミ 東北の温泉2008年
温泉の口コミ情報
No 投稿日 投稿者 全国温泉クイズご応募時に頂いた皆さんのコメント!!(東北編)
■北海道
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■東北
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■関東
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■信越
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■東海
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■北陸
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■関西
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■中国
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■四国
02-07年 2008年
2009年 2010年
■九州
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年



















1 2008年
1/7
リオちゃん

乳頭1
乳頭温泉郷がおすすめ。湯量が豊富、特に露天風呂が周りの景色とマッチしている。
2 1/7 リンタロウ

八幡平1
八幡平温泉郷をおすすめします。東北にあるが十和田湖にも便がよく交通的には車では東北自動車より、東北新幹線でもバス利用で比較的便がよい。各名湯が岩手側より秋田に向けて多数続いている。名湯めぐりのバスが運行されており手軽に各温泉への便がはかられています。東北で一番標高の高いところに露天風呂があり雄大な自然や雲海を眼下に望む藤七温泉、若い人達にも人気があり混浴もでき乳白色の湯が楽しめる松川荘松川温泉、地獄谷の散策も楽しめ蒸し風呂・泥風呂など各種の風呂が堪能できキリスト教の十字架が印象的な後生掛温泉、歴史を誇る源泉・秘湯の宿ふけの湯、足を伸ばせば湯治で全国的に有名になった玉川温泉がある。できれば3日以上滞在し、各名湯を堪能することを是非おすすめします。
3 1/7 トロピカル

乳頭2
なんてたって乳頭温泉郷でしょう。7つの点在する湯宿は、それぞれ泉質も異なっていて、湯巡りには最適。特に乳白色の広大な混浴露天が有名な鶴の湯は、もはや国際観光ルートになってしまい、オフシーズンや平日じゃないとゆっくり湯浴みすらできないほど。当然宿の予約も至難の業であるが、何としてでも囲炉裏のある茅葺きの本陣をゲットすべき!料理は、山の芋鍋が最高に美味しい。一食の価値あり。
4 1/14 KG

いわき湯本1
福島県いわき湯本温泉割烹の宿遊湯亭は新聞社のプレゼントで当たった<無料招待券>で宿泊したのにもかかわらず、料理は十分、温泉は言う事無し、お部屋も普通の部屋なのでしょうがきれいな部屋で満足の行くおもてなしを受けました。
5 1/15 桂超太

乳頭3
乳頭温泉郷の中の孫六温泉(秋田県)を推薦します!最近マスコミなどにも多く取り上げられ、人気の高い乳頭温泉郷ですが、そのなかでも交通の便が悪い(バス停から徒歩15分ほど)ためか、比較的、すいていて落ち着ける温泉宿です。それだけに、満点の星空の下の露天風呂や裸電球の点る湯舎は、東北独特の湯治場ムードが大いに味わえます。(確か旅館の各部も裸電球の白熱灯だったような・・・?)2〜3日滞在してノンビリ過ごしたくなる・・・そんな最高の贅沢をしてみたいところです。夕食も秋田県名物の「きりたんぽ」が堪能できるから、冬にも是非是非、お勧めです。
6 1/29 M.H

秋保1
秋保温泉(宮城県)がおすすめ。私が友達とおとずれたホテル華乃湯は仙台駅から無料送迎バスで30分位で行く事が出来て、多彩なプランがあり、温泉も料理も満喫出来ました。温泉も展望大浴場、大浴場、露天風呂、貸切家族露天風呂、足湯などがありのんびり出来ました。平日は浴衣もくつろぎ用と就寝用と2枚の貸し出しで楽しめました。料理もふかひれ姿煮やご当地の名物で満足でした。他にもたくさんのホテルや旅館があるので保養に行きたいと思います。近くの秋保大滝も絶景でした。

ホテル華乃湯

名取川の峡谷を見渡す絶好のロケーションを露天風呂、客室から望める。貸切露天や露天風呂付客室もあり。趣向を凝らした料理の数々は、郷土色豊かな旬味をたっぷり楽しめる。

7 2/4 さゆりん

とぴや1
岩手県八幡平市安比高原にあるドーミー倶楽部・安比高原がとてもいいです。お湯は近くから湧出するとぴや温泉をタンクローリーで汲み取って運んでくるので、天然温泉掛け流しというわけではないのですが、このお湯はモルデン沸石地層から出湯する、大変珍しい温泉らしくナトリウムー炭酸水素塩泉(旧名称・重曹泉)とのこと。お湯が非常にとろっとろです。宿も清潔感があって、内装もかわいらしく、高原のプチホテルといった風情。夕飯は食べなかったのですが朝食がおいしかったので、次回は食べてみます。とにかくお湯がすばらしいです。

モルデンの湯
ドーミー倶楽部安比高原
ホテル自慢の温泉は美肌効果が抜群でとろ〜りとした感触が大人気!白樺などの高原樹木に囲まれ、炭火焼か和食膳から選べるお食事も好評!。北東北観光地へのアクセスが良好です。日帰り温泉が可能。
8 2/9 しま

湯の田1
湯の田温泉がおすすめ。すごくマイナー温泉、国道もバイパスができて道路も車が少ない。目の前が日本海で、夕日がすばらしいところです。宿も古く、最新の設備を望む方には今一でしょうが、料金も民宿なみで食事はまずまずです。静かに過ごすにはばっちりです!
9 2/18 香川

鳴子1
鳴子温泉(宮城県)がお勧め。吟の庄というホテルに泊まったが、内湯と露天風呂の源泉が異なり、2種類の温泉を堪能できました。よく温まり程よい硫黄のにおいはこれぞ温泉という感じです。食事は食事処で頂きましたが、多くもなく少なくもなくお腹にちょうど良い分量でした。仲居さんもしつこく接待せず、気を使うことはありませんでした。料金もお手ごろ(15,000円位)で高いことはなく、気軽にいける温泉宿でした。
10 2/26 トロピカル

嶽1
青森県岩木山麓に数ある温泉郷のうちの1つ、嶽温泉郷。白濁した硫黄泉は意外に肌に軟らかく滑らかで、臭いもきつくないので、女性には最適でしょう!その中でも「縄文人の宿」は鄙びた風情の建物に炉端料理で、また、「山のホテル」は絶品の「マタギめし」で有名です。宿泊料金も他地域に比べるとかなり格安です。
11 3/5 たんちゃん

銀山1
銀山温泉(山形県)がオススメです。こじんまりとした温泉街とレトロな旅館群、温泉はもちろんのこと、川や山、滝など散策するにもちょうどよい自然環境があり、こけしなどの民芸品もお土産に良い。街中に車が入ってこれないのも不便なようであるがかえって静かな環境が保ててよい。郷土料理も美味しかった。
12 3/10 桂超太

八甲田1
八甲田温泉(青森県)を推薦します。八甲田連山を挟んで有名な酸ヶ湯温泉のある側とは反対側に位置するため、比較的、観光客が少なく地元の青森市内からの人が多く訪れます。内湯と露天は全く泉質が違い、温めで硫黄の香りがする露天風呂はノンビリ長湯に最適。熱めで茶褐色の内湯は、しっかり温まるのに充分です。館内の大広間の座敷の休憩コーナーも利用でき、一度、入館すると何回でも何時間でも休憩コーナーや温泉を利用できます。案内には「せっかくお越しいただいたのに、1回だけ入浴されて帰られるのは勿体無いです・・・」と心憎い配慮も・・・八甲田界隈に来て、天気が悪い日は1日中、ここで過ごしています。
13 3/20 だんご職人

東根1
さくらんぼ東根温泉がおすすめ。文字通りサクランボの時期、6月に行けばサクランボ楽しみ放題です。少し早い花の時期に行ってもソメイヨシノとは違った雰囲気の桜の花が楽しめます。
14 3/24 いー

高湯1
高湯温泉がオススメです。硫黄のにおいがして、温泉に来たなと心落ち着く。白い湯の露天風呂から豊かな自然の景色を眺めていると癒されます。400年も前から温泉治療の湯治場として愛されてきたのもなるほどとうなずけるいい温泉です。
15 4/6 HI

乳頭4
秋田の乳頭温泉郷孫六温泉を推薦します。ガイドブックなどに最近マスコミに取り上げられているとのコメントがありましたが、見た記憶も無く、どんなところか知らないまま3月末の東北旅行の際にとりあえず行ってみることにしました。直接車でいけず歩いていかなければならないことを知り、しかも前日に崖崩れがあったとのことで、宿の方にわざわざ駐車場まで迎えに来てもらえ、なんとか行くことができました。人里はなれた秘境で、雪景色の中うっすら白濁した露天風呂はぬるくも無く熱くも無く最高でした。
16 4/6 michru

不老不死1
青森県・不老不死温泉がオススメです。良く温泉ガイドの本にも載っているがこの温泉の露天風呂は温泉好きの人なら一度は訪れるだけの価値がある。日本海の地平線に沈み行く素晴らしい夕陽が見れる。今は女性専用の露天風呂も囲いで仕切られて出来たが男性用の露天風呂は混浴だが女性も大勢入ってくる。お湯は茶褐色で中は見えないし宿で身体に巻きつけるバスタオルも余分に貸してくれる。冬は雪と日本海からの寒い北風、荒波でクローズになるがリンゴなど果物や魚が美味しい秋が一番良いかも。秘湯といわれる同じ青森の酸ヶ湯温泉とはしごするのが良いです。
17 4/6 てっちゃん

岳1
岳温泉(福島県)松渓苑がオススメです。
@岳温泉はさほど大きな温泉地ではなく、やや坂道の両側にホテルが立ち並ん でおり、桜のころも、夏も秋も、池もあり散歩しやすいところです。
Aあたりは安達太良を背にした山であり、樹が多く空気がとってもいい。
B松渓苑は和風旅館であり、待合室のたたずまいもよく、廊下も広く、ところどころにお花がいけてあり、癒される感じである。部屋も広く落ち着けます。
C料理は部屋だしで、量も味も出すタイミングも満足です。
D温泉は、湯がとてもやわらかく、何度でも入りたい気分です。
E従業員さんのサービスがきめ細やかで、車で帰るときなど、玄関先から、従業 員全員で坂道を数百メーターも見送っていました。
F料金はリーヅナブルであり、とても満足できる旅館でした。

庭園の宿 松渓苑


千坪の庭園と季節毎に変わる手造りの和風懐石料理が好評のやすらぎの宿。女将が教える陶芸体験と源泉掛け流しの露天風呂付客室も人気。
18 4/8 ヒーロー
こんぱい

帝釈1
岩手県岩手郡雫石町の「休暇村岩手網張温泉」を推薦します。古くは帝釈温泉と呼ばれ、千年余りの歴史を誇る名湯です。岩手山の南麓、標高750mに広がる豊かな自然、公共の宿ならではの格安な料金も魅力です。春は山菜狩りツアー、秋はきのこ狩りツアーなど楽しいプランがいろいろ用意されています。冬はスキー場が隣接しており、四季を通じて温泉と美味しい料理を 味わうことができます。温泉成分の濃さも申し分なく、湯治にも向いています。日帰り温泉施設「温泉館」もあり、大浴場と露天風呂が男女各1ケ所ずつあります。

休暇村 岩手網張温泉


十和田八幡平国立公園に位置する網張温泉は岩手山を背に新緑・紅葉・雪化粧と豊かな大自然にあふれています。お湯は千年の歴史を誇る白濁とした硫黄泉です。4つのお風呂をお楽しみいただけます。
19 4/14 桂超太

藤七1
八幡平山頂付近にある藤七温泉はお勧めです。周囲に遮るものは何もない開放感120%の露天風呂は、源泉が底から湧いているのでお湯の鮮度は抜群!ただ、フェイントを付くような熱湯玉?の攻撃に注意は必要です。ここには露天風呂を作るのが専門?の方がおられ、毎回行くごとに露天風呂が増えているのも楽しみの一つです。何せ周囲が殆ど泉源ですからどこを掘ってもお風呂になるそうで・・・冬季は休業しますがGWくらいから再開します(但し積雪状況にもよりますが・・)
20 5/6 としちゃん

銀山2
銀山温泉(山形県)がおすすめ。車を入り口に置いて温泉街に入るのでのどかです。又、大正時代を思わせる旅館の建物も情緒豊かです。温泉の奥を歩いて散策できます。(1時間くらい)
21 5/6 ガルビー

森岳1
秋田県の森岳温泉郷にある「ホテル森山館」。弱アルカリ性で日本一しょっぱいのではないかと言われている泉質で、肌がつるつるに。さらに北投石を使用した岩盤浴が低価格で楽しめます。
22 5/6 zxm29325

古牧1
青森屋[旧古牧グランドホテル]がおすすめ。水中展望露天風呂を新設し屋号も改名しリニュウアルオープンしたが、期待した程の展望はなく温泉もぬるめでやや物足りなかった。朝、夕食のバイキングは種類も豊富で食べごたえがある。特にご飯の津軽ロマンがおいしかった。

古牧温泉 青森屋


水に浮かぶ露天風呂「浮湯」は青森の美しい自然を眺めながら、開放感を満喫できます!レストラン「みちのく祭りや」では、青森三大祭りを毎晩開催するなど青森文化を満喫できる!日帰り温泉も楽しめるよ♪
23 5/6 Dan

鳴子2
鳴子温泉(数種類の泉質が楽しめ、各々の泉質が非常に気持ち良い)
24 5/7 風の旅人
アラシ☆

乳頭5
全ての温泉は、それぞれに素晴らしいモノです。自分の好みとしては、温泉場らしい古くて風格のある湯治場が好きです。秋田県の鶴の湯さんとか。
25 5/7 たんちゃん

花巻1
宮沢賢治の里としてもよく知られる花巻温泉郷の中から、鉛温泉藤三旅館を推薦します。珍しい立位浴のお風呂があります。温質もよく綺麗なお風呂で気分は最高です。渓流に沿って建つ旅館はレトロな風格のある建物で湯治部もあります。バス停からも近く、賢治の町散策にも便利です。

鉛温泉 藤三旅館


宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」や田宮虎彦が逗留し「銀心中」を執筆した文士が愛したロマンの湯宿。一人旅・カップルや日帰り温泉も人気
【新日本百名湯】【日本秘湯を守る会】
【日本温泉遺産を守る会】
26 5/7 じじい0013

酸ヶ湯1
青森県の酸ヶ湯温泉がおすすめ。春夏秋冬、いつ行っても周辺の風景は良いし日帰り湯でも宿泊しても非常に良い。混浴で昔の美人が多いのも面白い。
27 5/12 チョイ悪
トラヴェラー

磐梯中ノ沢1
磐梯中ノ沢温泉が良いでしょう〜硫黄の香る素敵なお湯ですが、派手な大浴場や日帰り客用の湯船はありません。何しろ唐松や湿地の景色がすばらしい〜。温泉ではない観光バスの駐車場が陣取るところや露天風呂やアメニティを優先させた宿にはご注意を!本当の温泉好きのご同輩には磐梯熱海はお勧めできません!もともと掘削技術の乏しかった日本の温泉群は、土肥・山形銀山・常磐いわきなどの鉱物掘削の副産物ともいえる温泉が、源泉掛け流しの主流でありました。地元の還元と言うべき、地主達の炭鉱夫達の犠牲の賜物でありました。技術が向上した昨今でも、忘れてはならない「赤羽や渋谷の地中ガス爆発事故」を大切に鑑みて、真の温泉をゆっくりと味わいたい昨今です。
28 5/12 ごん太2

八幡平2
先日書きましたが秋田に行きました。東北はどこもいい温泉がたくさんありますね。今回は八幡平後生掛温泉、玉川温泉、子安峡温泉とまわりました。後生掛は露天にぬる湯と普通の2種類あって、ぬる湯につかっていると、いつまでも入っていられて「あーいいなー」と思わず、生きる幸せを感じてしまいます。自然研究路が近くにあって、泥湯や噴泉が噴き出ています。その散策後だけによけい温泉の有難さが身にしみます。無味無臭なのですが噴泉を見てきた後だと、温泉臭が漂ってくる気がします。子安峡温泉は秋田の南の方で、あまり知られていないのですが、「川原毛地獄」の近くにあります。日本三大霊山といわれるだけあって、噴泉やガスが噴き出す光景は圧巻です。川と温泉が溶け合って、勝手に露天風呂になっています。自分で調整するという秘境そのものの露天です。あの有名な玉川温泉にも寄りました。湯治の方があちこちで岩盤浴をされています。単なる観光客としては、隅っこで寝転がるばかりです。それでもしばらくすると腰が軽くなってくるのは、それだけ効き目があるのでしょう。
29 5/19 もえ

上山1
上山温泉に行ってきました。あるイベントで特別に新湯7軒入り倒してきました。大きな旅館はサービス重視、小さい所は湯が良くて楽しんできました。サービスはニュー村尾は天皇陛下が泊まった豪華な部屋とりんご風呂、有馬館の岩盤浴、いづみやのジュース、地酒サービスが楽しかったです。湯は微妙な違いがあって良かったです。ただ次の日の午前は湯が暑くて閉口しました。

展望露天の湯 有馬館


展望露天風呂をはじめ、貴宝石岩盤浴等、たくさんのお風呂を楽しめる。貸切大家族風呂は40平米あり、安全性と清潔感バリアフリー設計を考慮した床はまるでプールサイド。料理は部屋食を基本に和風創作料理。

ニュー村尾


『平牧三元豚』『山形県産牛』『伊勢海老』それそれのコースに旬の山の幸をミックスし、初夏〜初秋の山の幸をご堪能下さい。平牧三元豚・山形県産牛のステーキコースも用意いたしました。
30 5/24 トロピカル

湯野浜1
山形の湯野浜温泉がオススメです!目の前がビーチで、日本海に沈む夕日は絶景です。泉質は、海岸沿いの温泉にはよくある塩分のあるなめらかなもので、湯上がりもサッパリつるつる。夏は宿から水着のまま目の前で海水浴を楽しみ、そのまま戻って温泉直行、屋上の露天風呂から夕日を眺めるといった楽しみ方が一般的。夏の名物の岩牡蠣、石焼き鍋も最高です。
31 6/1 藤田

秋保2
秋保温泉「伝承千年の宿佐勘」がおすすめ。豪華なたたずまいの中に歴史を感じさせる宿で、心のこもった接客に加え料理も良く、特に野天風呂は「秋保湯守り」の宿を満喫できること請け合いです。

伝承千年の宿 佐勘


風格ある佇まいが一際目を引く老舗旅館。館内は贅を凝らした造り。温泉は渓流沿いの露天風呂や大浴場、檜造りなど多彩。食事は素材はもちろん、調味料にまでこだわる逸品。行き届いたもてなしに定評あり
32 6/2 としちゃん

銀山3
銀山温泉(山形県)がおすすめ。車を温泉街の手前で置いて温泉街に入るので、別世界のようです。又、温泉街の奥が1時間くらいで歩ける遊歩道になっていて退屈しません。
33 6/2 ガルビー

八森いさりび1
八森いさりび温泉ハタハタ館を推薦します。世界遺産である白神山地を背に、眼前に日本海の岩場を望む景色は至高のものです。
34 6/3 ネコスケ

鳴子3
鳴子温泉郷を推薦します。何といっても、源泉の種類の豊富さが好きです。隣の旅館でも、まったくお湯が違うため、湯めぐりが楽しめます。また、個性の強いお湯が多いため、自分にあう温泉を選ぶこともできます。自炊の宿も多いため、低料金でいろいろな宿をめぐるのも楽しみです。
35 6/8 タキ

秋保3
今回の秋保温泉もとても泉質が良く、心地よかった事をおぼえている。宿泊先は今ではなくなっている谷→??”ホテルズイホウ”に数回行った。

ホテル瑞鳳

広々した和室とスタイリッシュな洋室、山海の旬の素材を使った御食事、趣向をこらした各種の内湯露天風呂など、思い出に残るひとときを演出いたします。

36 6/10 michru

秋保4
宮城県・秋保温泉佐勘も豪壮な風格があり最高によい温泉宿であるが、すぐ近くにあるこけしで有名な作並温泉岩松旅館一の坊ホテルが温泉も良くもてなしも良しで大変落ち着ける。

伝承千年の宿 佐勘


風格ある佇まいが一際目を引く老舗旅館。館内は贅を凝らした造り。温泉は渓流沿いの露天風呂や大浴場、檜造りなど多彩。食事は素材はもちろん、調味料にまでこだわる逸品。行き届いたもてなしに定評あり

鷹泉閣岩松旅館


自然湧出掛け流しの「天然岩風呂」が名物です。夕食はお部屋、会食場で和食膳、朝食は40数種類の和洋バイキングです。仙台の奥座敷、作並温泉の元湯、老舗旅館です。JR仙山線作並駅より送迎バス有り

ゆづくしの宿 一の坊

  

日本の原風景が残る広瀬川源流沿い。清流に手が届きそうな源流露天風呂、秘湯を思わせる露天風呂、湯枕付の大浴場など3つの源泉をもつ宿ならではの湯浴み。

37 6/23 onsen

不老不死2
青森県の不老不死温泉を推薦します。すぐ前が海の茶褐色の露天風呂は眺めが最高でした。
38 6/24 ヒーロこんぱい

繋1
岩手県盛岡市繋(つなぎ)温泉愛真館がおすすめ。繋温泉の西方向には、縄文後期の貴重な遺跡群があります。その遺跡をモチーフに造られた「庭園縄文露天風呂」には、いにしえの雰囲気たっぷりの6種類の湯ぶねが揃っています。趣向を凝らした12種類の「おふろのはしご」の後は、季節の味わいに舌鼓。2ケ月ごとに新しくなる献立が楽しみと言う人が多いとのことです。連泊者には、メニューを変えて出すなどの配慮も嬉しいです。

つなぎ温泉 愛真館
個性的は庭園縄文露天風呂は四季の彩りで個々に風情を変え、また300坪の大浴場と300畳の大露天風呂でゆっくりとおくつろぎいただけます。☆盛岡駅より無料シャトルバスも定時運行中!☆
39 7/13 こーちゃん

作並1
作並温泉がおすすめ。仙台市街地から1時間足らずのアクセスが誠に良い、広瀬川の上流にある行基菩薩と源頼朝の発見伝説が残る温泉で、特に鷹泉閣岩松旅館の広瀬川沿いにある「天然岩風呂」は是非入浴してみる価値があります。

鷹泉閣岩松旅館


自然湧出掛け流しの「天然岩風呂」が名物です。夕食はお部屋、会食場で和食膳、朝食は40数種類の和洋バイキングです。仙台の奥座敷、作並温泉の元湯、老舗旅館です。JR仙山線作並駅より送迎バス有り。
40 7/13 セッチャン

高湯1
福島県、高湯温泉旅館 玉子湯は、白濁した天然かけ流し温泉で、内湯は元より外湯夫々、独立湯殿での、露天風呂が3棟有り(男女別、時間制での湯船交換)で、各浴槽も広くて、混雑せず、のんびりと温泉が楽しめました。又、食事は部屋食で、価格の割には大変豪華で美味しかったです。従業員の皆さんとても親切で、細かい所まで気使いが行き届いて居て、前回は旅行行程上1泊でしたが、是非、ここにもう一度2〜3泊をと考えて居る次第です。大変べた褒めですが、最近事務的(欧米ホテル並みのサービス)の接客が多くなり、なかなか純日本的接客にて迎えてくれる旅館は、少なく成って居る中では、珍しいと感じました。最後に我が家(関西)から遠いのがネックで再々訪問できないのが残念です。

旅館 玉子湯


高湯温泉は奥州三高湯に数えられる昔からの名湯。庭園内にある芽ぶきの湯小屋や足湯をはじめ、お風呂の数は7種類と豊富。それぞれに趣ある天授霊泉の名湯と山々の自然は心に安らぎを与えてくれる。
41 7/18 オオクラ

乳頭6
乳頭温泉郷の鶴の湯温泉を推薦します。といっても、私が訪れたのは10何年まえですが。温泉の建物はかなりの時代物らしく、雰囲気がとてもよかったです。お湯は乳白色で大変温まりました。また混浴で、脱衣所はあまりきっちりとしていないので、それが嫌な人には不向きかも。前回は宿泊しなかったが、一度泊まってみたい温泉です。
42 8/5 桂超太

甲子1
福島県の甲子温泉を紹介します。周囲を山で囲まれた一軒宿。木造りの湯舎の中の深くて広い目の岩風呂には無色透明のお湯が満たされていて、お湯も温めなのでのんびりと長居ができます。入浴後に周囲を散策しながらの森林浴も気持ちよいです。ちなみに、ここの温泉から通じる登山道は、何と国道(R289)なのです。国道の標識がしっかり立っています。今年(2008年)の9月には、甲子峠を貫く国道が開通するため、もうすぐお役御免とか・・・一見の価値有り!です。
43 8/11 ふじちゃん

浅虫1
浅虫温泉は津軽半島と下北半島に挟まれた夏泊半島の付け根に位置する陸奥湾に面した温泉で、JR線の特急も停車する交通が至便です。特に浅虫観光ホテルは陸奥湾を眼下に見下ろす場所にあり、展望風呂からの広々と見渡せる眺めは最高で、露天風呂の木の部分に高級な青森ヒバを贅沢に使用している為、海を眺めながら森林浴が満喫出来ます。又、陸奥湾で獲れる新鮮な魚介類も十分堪能出来ます。

浅虫観光ホテル

プロが選ぶ日本のホテル旅館百選料理部門入賞の料理を堪能し、癒しの湯「眺望露天」からはむつ湾の眺めと青森ヒバの香りを存分に満喫出来ます。(日帰り温泉利用可能です。)お部屋は全室海側です。

44 8/27 だんご職人

二岐1
大丸あすなろ荘(二岐温泉)がおすすめ。十数年前になりますが、新婚旅行で海外に行き、帰国後すぐにここに行きました。思いっきり「日本」な温泉宿に行きたかったからです。非常に素朴で、でも、清潔で親切で良い旅館でした。
45 8/31 サーク猫

鳴子4
鳴子温泉(河原湯旅館)がおすすめ。源泉二本を持ち、硫黄泉(隣の旅館と共有)は、真っ白に濁っていて硫化水素臭があり、いかにも効きそうです。もう一本の芒硝泉は自家源泉で、ほのかな鉱物臭があります。湯治宿ですから格安ですし、あらかじめお願いすれば、夕食、朝食も用意してくれます。良いお湯に浸かることが贅沢と考えている人には最高の宿です。
46 9/1 KG

お台場で大江戸温泉物語を運営する会社が、福島県会津若松市の公共施設(旧ウェルサンピア会津)を買い取ってオープンさせた「湯屋あいづ」。リーズナブルな料金で、天然温泉を満喫できます。レストランのバイキングと入浴のセットがお勧め。値段の割りにバイキングも美味しいです。さらに宿泊も可能。全長150mの足湯もあり、ところどころ座る場所もあるのですが、ここの足湯は石がゴツゴツと飛び出して足裏が刺激される水路(もちろん天然温泉ですが)?をぐるりと一周できる作りになっています。
47 9/8 風の旅人
アラシ☆

八甲田2
夏休みには東北地方で温泉巡りをしてきました。青森県の八甲田温泉、秋田県の後生掛温泉、岩手県の松川温泉、等々、いずれも温泉らしい雰囲気のある温泉でした。
48 9/8 ryo

酸ヶ湯2
酸ヶ湯温泉は八甲田山の自然の中にあり、自炊もできる乳白湯の温泉、情緒ある建物で混浴。昼間は日帰り客が多いが、夜入ると静かで木作り浴槽が何ともたまりません。
49 9/29 案山子

野地1
野地(野地温泉ホテル)・新野地温泉(相模屋旅館)(福島県)がおすすめ。どちらも直ぐ隣り合った1軒宿(本当に小さな川?を挟んで隣です、親戚かなんかみたいです)で、どちらも磐梯吾妻スカイラインの冬の交通止めになる辺りです(最近は赤湯・鷲倉も正月営業のみだけど営業している様です)ので、利用者が途中で間違っているのではと不安に成り引き返す人もいるようです。当然冬にしか行った事がないのですが秋も紅葉はきれいな事が塑像できます。雪の中の露天風呂から見る雪景色が素晴らしくて、特に夜の露天風呂は利用者も少なく雪景色を独占している様で感激します。どちらも風情が有って其れだけで行く価値が有ると私は思っています。

野地温泉ホテル


標高1200Mの高原のいで湯。伝統の檜風呂「千寿の湯」。夜間ライトアップされる幻想的な露天風呂「鬼面の湯」など6つの趣の異なる湯殿で湯巡りが楽しめる。福島駅西口から毎日送迎有(時間制・要予約)
50 9/30

会津本郷町を流れる阿賀野川の河川敷沿いに有る日帰り温泉がおすすめです。露天風呂からは川のせせらぎを眺めながら温泉を満喫出来ます。また、会津本郷町は会津本郷焼でも全国的に知られており、大浴場には会津本郷焼のプレートが壁に貼りつけられ、玄関には焼物の壁画が飾られています。
51 9/30 LIN

八幡平3
四季の彩り豊かな八幡平温泉郷です。大浴場と晴れた日には岩手山を眺望できる露天風呂、露天檜風呂と露天岩風呂があり、日替わりでご利用できます。入浴のみの日帰りも可能です。バリアフリー設備も充実しており、車椅子の方でも安心して利用出来ます。
52 10/5 サーク猫

鳴子5
鳴子温泉郷中山平温泉、丸進別館が特別推薦です。元々湯治宿で格安ですが、建物を改装して快適です。なんといっても最高なのは日本一(私が入った中で)のニュルニュル湯です。近くにうなぎ湯を自称する宿がありますが、丸進別館にはかないません。さらに異次元に入り込んだようなトリック浴槽(自然にそうなったとのことです)に浸かっていると、お湯が高い方に流れて行く不思議な世界を楽しめます。
53 10/6 ふじちゃん

磐梯山麓1
磐梯山麓温泉「静楓亭」は、磐梯山麓の緑に囲まれた所にある一軒宿で造りはバリアフリーに徹底した気を使っており、特に各客室にある露天風呂に車椅子のまま入ることができる部屋まであることは他に類をみない。
54 10/6 トロピカル

碇ヶ関1
青森と秋田の県境にある碇ヶ関温泉は7ヶ所の温泉があり、全て泉質が違います。その温泉により、さまざまな薬効があり、また、里の温泉街から山間の1件宿の秘湯まで、雰囲気も選べます。その効能を聞きつけて、当時に訪れる人も多く、特に秋のこれからの時期は紅葉が美しく、お薦めです。
55 10/7 えいちゃん

玉川1
秋田県玉川温泉の岩盤浴および強酸性(PH1.2)泉は非常に良かったです。5日間の滞在でしたがリフレッシュにはなりました。岩盤浴は癌の治療後方が多く真剣に取り組んでいました。強酸性泉は体調が良くないとかなりきつい温泉です。再度行きたい温泉の一つです。
56 10/22 桂超太

阿仁前田1
秋田県の秋田内陸縦貫鉄道の阿仁前田駅に併設された、阿仁前田温泉「クウィンス森吉」は、本来は循環と塩素消毒をしていましたが、2007年9月にこの辺りを襲った大雨による水害のために循環装置が故障したため、以来、源泉掛け流しの温泉として営業をしています。海から遠い内陸の地にありながら舐めると塩辛い塩分の濃い温泉です。駅舎に併設された温泉は全国各地にありますが、こんな源泉掛け流しの温泉が併設された駅はある意味、貴重な存在ではないでしょうか。館内にはレストランやカラオケ施設もあるので、腹の足し・時間つぶしにも有効活用できます。
57 10/26 しま

鳴子6
宮城県、鳴子温泉がおすすめ。数年前に行きましたが、11月の閑散期で平日だったので静かな東北の旅情を味わえて、とても良かったです。
58 10/31 だんご職人

東根2
今回のおすすめは山形県の東根温泉です。山形市に近い温泉では天童温泉も有名ですがここ東根温泉もいいところです。おすすめの時期はなんと言っても6月、サクランボの時期です。最寄り駅もその名も「さくらんぼ東根」駅。そのさくらんぼの花の咲く春もいいのですが、やっぱりおいしいさくらんぼが食べられる時期がいいですね。山形生まれのさくらんぼの最高峰「佐藤錦」は最高ですね。なんだか全然温泉の推薦文になっていないみたい。
59 11/3 よこすか

不老不死3
不老不死温泉(秋田県)がおすすめ。日本海に面して夕日がきれいな絶景の露天風呂がある温泉です。
60 11/3 サーク猫

赤倉1
鳴子の奥で評判の高い、赤倉温泉のあべ旅館に行ってみます。岩の隙間から源泉が沸きあがっているということで、行くのが楽しみです。まだ浸かったことはありませんが推薦でしょう。

あべ旅館


一千年もの歴史を持つ温泉は、筋肉痛・疲労回復・神経痛・胃腸病など各種効能に優れ湯量豊か。めずらしい底から源泉が湧く足元湧出温泉の天然大岩風呂(約30畳)、露天風呂、サウナを備えた総桧風呂と多彩。
61 11/5 風の旅人
アラシ☆

花巻2
岩手県花巻温泉郷鉛温泉藤三旅館の白猿の湯は、少し変わった温泉で、とても深くて立って入る温泉でした。

鉛温泉 藤三旅館


宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」や田宮虎彦が逗留し「銀心中」を執筆した文士が愛したロマンの湯宿。一人旅・カップルや日帰り温泉も人気
【新日本百名湯】【日本秘湯を守る会】
【日本温泉遺産を守る会】
62 11/10 いち職人

赤湯1
つい先日、旅行番組を見ていたら山形県の赤湯温泉が宿泊地。女優さん2名が泊まった宿は「丹波館」でした。4-5年前に泊まったときより、宿がキレイになっていたので、リフォームしたのかしら??このお宿、歴史が古く、建物も趣があるので、4-5年前は赤湯温泉の観光ポスターにも使われていました。温泉はやや熱めでしたが、温まることこの上なし。寒い季節にオススメの温泉&宿です。
63 11/10 前田

酸ヶ湯3
八甲田の酸ヶ湯温泉(青森)がおすすめ。古きよき時代の日本建築を感じさせる旅館。旅の途中、入りましたがヒバ千人風呂は、最高。
64 11/12 ジマ

鷹の湯1
秋の宮温泉郷の鷹の湯温泉(秋田県)がおすすめ。木造のやや古い建物ですが、きれいに整備されています。森林に囲まれた川沿いの露天風呂もすばらしいし、細長くて深い浴槽がある内湯も珍しいです。静かな山間の雰囲気は最高です。
65 11/17 ゲロクダサイ

土湯1
福島県の土湯温泉の樹泉を推薦します。ぬるいですが。広くゆったりと入れます。ももの季節、カキの季節など果樹に覆われ、帰り道もたのしめます。日中はホテルから解放されるのでゆったり入れます。700円と日帰りではチョット高めですが、土湯をこせば、会津、山を抜ければ、太平洋いわき、お隣は、飯坂温泉と遊べる範囲も増えます。
66 11/28 mackk

八幡平4
岩手県八幡平松川温泉「峡雲荘」がお薦めです。新緑の春、避暑はもちろんハイキングや登山にも最適な夏、すばらしい紅葉の秋、雪景色の冬と四季を通じて楽しめます。温泉には湯の花がたくさんあって、松川沿いの露点風呂も最高です。路線バスも一年中運行してます(しかも終点が宿の前)ので車じゃなくてもOKなのも気軽に行けるのもうれしいです。
67 12/6 橋本

二岐1
福島県・二岐温泉大丸あすなろ荘がオススメです。ここの主人は日本秘湯を守る会の会長で日本の温泉をこよなく愛し、更に秘湯を如何に次の世まで継続させるかに努力をされている様子が判ります。日本の原風景ともいえる温泉のあるところを是非守って頂きたく、館主の佐藤好億氏経営の大丸あすなろ荘を推薦致します。
68 12/7 セイチャン

乳頭7
秋田県乳頭温泉郷蟹場温泉がおすすめ。温泉郷の一番奥にある温泉です。原始林に囲まれ渓流を望む所にある混浴の露天風呂が最高です。建物から自然林の中を少し歩いた所にある湯は少し湯の花が漂う透明の湯は温まり感が高く湯冷めがしません。又内湯は秋田杉の木風呂と岩風呂もあります。
69 12/7 kー坊

土湯2
福島県の土湯温泉がおすすめ。こけしのふる里、ゆったりした時間が流れ、心癒される湯治場の雰囲気を持つ山間の温泉地です。連泊をしたくなるような身体に優しいお湯です。
70 12/7 トロピカル

不老不死4
青森県深浦町の不老不死温泉がおすすめ。言わずと知れた日本海に沈む夕日を水平線と同じ目線から眺められる露天でおなじみです。よくTVの旅番組に出ますが、入浴するタレントに負けないぐらいの美女も時々入浴しています。
71 12/8 台湾吉日

湯之神1
秋田県大仙市南外にある湯之神温泉がおすすめ。ここには2.3軒の日帰り温泉があります。(入湯料100円)ここのお湯は、湯冷めがしにくいため、いつまでも身体が温かいので朝までグッスリ寝られると近所の方達が毎日のように訪れています。私も時々行ってます。近辺には、他に二つの温泉がありますが、但し、周りには、これといったものは何もありません。
72 12/10 サーク猫

鳴子7
鳴子温泉の国民宿舎滝嶋に泊まってきました。名物の薬湯に浸かったのですが、薬草とかを入れているわけではなく、源泉そのものがリューマチなどに特効があるとのことです。さほど濃いお湯ではないのですが、風呂から上がっても汗が止まらず、確かに効きそうです。不思議なお湯です。
73 12/14 石黒

いわき湯本2
福島県いわき湯本温泉が良いですよ。海辺の近くで海の幸が豊富で、少し足を伸ばせば、渓谷美が四季を通して見られます。
74 12/21 ジマ

鰺ヶ沢1
先日、青森県鰺ヶ沢温泉に行きました。泊まったところは「水軍の宿」温泉は日帰り温泉にも開放しているので公衆浴場的で今一だったかも・・・個室の浴室がある部屋があるみたいですが、そこには泊まりませんでした。観光化されていない静かなところがとてもいいですよ。宿の場所が鰺ヶ沢の駅の裏なので便利なところです。(鰺ヶ沢まで鉄道で行くのも、結構不便ですがね〜)なお、この宿の一番のオススメは、朝食です。品数も多くとても美味しかったです。
75 12/30 サザン子

鳴子8
宮城県鳴子温泉、たくひでがおすすめ。温泉が、トロトロしていて、肌が、つるつるになる。
76 12/30 ゆみ

乳頭8
乳頭温泉(秋田)がおすすめ。大阪に桜が満開のころ出発。秋田新幹線で行き、駅からバス、道中は雪であった。3箇所の温泉めぐり、どれも鄙びた温泉だった。屋根のない温泉で周りの自然を見ながら身体のリフレッシュができた。
77 12/31 ぜんちゃん

乳頭9
乳頭温泉がおすすめ。森林の中にあり、いかにも秘湯という環境であり、温泉場がレトロで心がなごみ、ゆったりと温泉に心落ち着けて入浴でき俗界を忘れることができます。都会の喧騒で汚れた心をきれいにします。風呂上りに見る周囲の景色も素晴らしく野鳥の声に耳を傾けながらビールを一杯、ご機嫌です。




お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]