全国の温泉宿 温泉の口コミ 東北の温泉2007年
温泉の口コミ情報
No 投稿日 投稿者 全国温泉クイズご応募時に頂いた皆さんのコメント!!(東北編)
■北海道
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■東北
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■関東
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■信越
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■東海
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■北陸
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■関西
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■中国
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年
■四国
02-07年 2008年
2009年 2010年
■九州
02-05年 2006年
2007年 2008年
2009年 2010年




















1 2007年
1/1
森住

蔦温泉1
青森県の蔦温泉は山の中の一軒宿。建物からしていかにもという温泉らしい温泉です。
2 1/15 六川

つなぎ1
御所湖のホテル紫苑のお風呂がオススメです。昨年秋に訪れ泉質の良さに再度訪れたいと常に思っています。(つなぎ温泉)
ホテル紫苑(繋温泉)

盛岡市郊外のつなぎ温泉に構える宿。全客室から御所湖、対岸に岩手山を望むことができる。大浴場・平成17年10月完成の露天風呂、食事処、バー、チャペル、テニスコートなど施設も充実。
3 1/15 武藤

高湯1
オススメは、福島県の高湯温泉の玉子湯です。旅館のページから一部掲載します。当玉子湯は慶長年間に自然湧出しているのを発見されて以来三百余年、温度、泉質共に変わることなく現在に至っております。この温泉は東北屈指の薬湯としてその名を知られ、神経痛を始め諸病に悩む人々を癒してまいりました。とあります。私は、3、4回程度行ったことがありますが、風呂がお勧めです。泉質は硫黄泉で文句なし、お湯が適温で露天風呂が最高です。料理もなかなかです。何と言ってもお風呂が快適で何回入っても飽きません。露天に行く、玄関に熊のはく製が置いてあります。露天風呂は川沿いにあり、紅葉と新緑の季節はもちろん、冬でも雪見風呂なんて最高だと思います。300年のお湯の沸いている歴史を感じさせるような、文句のつけようのないお湯です。一度お入りください。
4 1/28 桝山

酸ヶ湯1
酸ケ湯温泉がお勧めです。昔の雰囲気を漂わせた大風呂は非常に和やかな気分にしてくれます。泉質、湯温、浴室、建物と特に紅葉のシーズンの近隣の山々はいうこと無し。何度でも行きたい。
5 1/28 梶原

新野地1
新野地温泉「相模屋旅館」(福島県)がオススメです。山間の一件宿で日中は隣の(歩いて行ける距離)野地温泉ホテルに立ち寄る事もできる。温泉は質素な作りだが、白濁した泉質が肌に心地よい。湯船の浸かると歴史を感じるようなたたずまいである。露天風呂は、木でこしらえた歩道を歩いていくと男女別々の湯船があり、ここも白く濁った優しい湯が待っている。遠くに、温泉の蒸気の噴き出す「シューッ」という音が聞こえる。夜は少し寂しいが、一人で浸かっていると、自然と一体となった感じがする。
6 1/31 須藤

岳1
年末から新年(2007)に恒例の3家族による福島県・岳温泉の旅から今年もスタートしました。陽日の郷あづま館で2日間ゆっくり過ごすことができました。夕食も内容・質とも十分で朝のバイキングもメニューが豊富で大満足でした。久しぶりのあづま館でしたが、応対も良く、室内プール(水着は持参です!)温泉とも良かったです。特に貸切露天風呂が午前中は男女別の露天風呂となり、露天付き大浴場とは趣が違った良さがあり、とても良かったです。
陽日の郷あづま館(岳温泉) 

標高600mの高原に位置し天然の引き湯に木造りの露天風呂付大浴場などがある。湯質は酸性緑バン泉で、胃腸病、皮膚病、神経痛に効能がある。1年中泳げる屋内プールもあり、家族、グループにもおすすめ。
7 2/6 梶原

高湯2
福島県高湯温泉玉子湯は、問題の通りの白濁した湯、いわゆる温泉の臭いの硫黄臭内湯のいいのですが、ここの名物は外湯と露天風呂。外湯は歴史を感じるかやぶきの屋根の風呂小屋。湯船と脱衣所の共存状態で、これもタイムスリップ状態。浴衣掛けで、露天風呂へ向かう風情を味わう事もでき、少し温めのお湯に浸かれば、雑踏を忘れてのんびりできる。女性には、もう一つの露天風呂が用意されている。福島の郊外の静かな温泉地。
8 2/19 田村

乳頭1
乳頭温泉は、秋田の山の中にあり秘湯と呼ぶにふさわしい。蟹場温泉、黒湯温泉などがあり、湯めぐりで泉質が異なった温泉を回るのも楽しい。ひなびた温泉宿が多くて、情緒がある。
9 2/19 六川

秋田1
秋田の温泉で市内の秋田温泉さとみに宿泊しました。ホテルの温泉の泉質が肌に優しく気に入りました。今月も水上温泉郷の一つ、うのせ温泉に行く予定です。このメルマガでも紹介がありましたね。楽しみです。

秋田温泉さとみ


JR秋田駅から4km、有名な繁華街「川反」の上流河畔ののどかな里山に建つ温泉宿。秋田美人をつくった神秘な天然温泉「含硼酸重曹食塩泉」と四季折々の料理が自慢の宿、「秋田温泉さとみ」
10 3/5 古田

蔵王1
山形の蔵王温泉がお勧めです。蔵王といえばスキーやスノーボードというイメージがあると思いますが、泉質が最高です。鄙びてますが、ジンギスカンや板蕎麦など食べ物もおいしくて満足いただけると思います。
11 3/6 鈴木

いわき湯本1
いわき湯本温泉・・・常磐炭鉱が栄えていた時代には川に捨てられていた温泉で、炭鉱夫たちを苦しめ続けたお湯であるなどといった時代背景を知っていると、ボーリングで噴出した温泉にはないいろいろな思いを感じることが出来る。ついでに映画「フラガール」を見てから湯本に来るのもお薦め。湯の華が浮かぶ硫黄泉の足湯に15分入るだけでも、全身がぽかぽかで、足湯の後は足が軽く感じます。
12 3/19 こうちゃん

高湯3
福島県高湯温泉、乳白色の硫黄泉、泉質も良く温まります。磐梯吾妻スカイライン道路のゲート近くにあり、眺望、夜空の星も素晴らしい所です。
13 3/25 武藤

遠刈田1
遠刈田温泉がおすすめ。毎年4回家族で温泉旅行を楽しんでいる。遠刈田温泉は昨年夏に初めて訪れたが、湯質も柔らかで非常に気に入りました。年配者も含めある程度の年齢の家族構成なので、温泉街もあまり賑やかなものは好まない。二泊したがのんびりとすごせ、又訪れたい温泉の一つである。
14 4/1 鈴木

いわき湯本2
いわき湯本温泉にも是非いらしてください。湯本駅1番線、駅前広場、温泉街の3ヶ所に無料の足湯があり、観光客向けの日帰り温泉施設(さはこの湯)が大人220円、地元民向けの銭湯(15時〜)は大人70円です。
15 4/2 ykmk

玉川1
玉川温泉がおすすめ。平成15年6月−8月、脳卒中(小脳出血)で約3ヶ月間入院。何の後遺症も無く生還でき、温泉めぐり再開の記念すべき第一回の温泉が玉川温泉 であった。東北のランプの宿めぐりのベテランである四国今治の渡辺さん(大正15年生)・奈良市の吉岡さんと3夫婦6人で。大阪から飛行機で花巻空港へ。花巻で1泊。翌日レンタカーで八幡平経由、玉川温泉で2泊。岩盤浴も良かった。帰りは後生掛温泉で立ち寄り湯。晩秋の八幡平の見事な紅葉は最高であった。このグループでは現在までに、秋田県の乳頭温泉郷の「鶴の湯」「黒湯」や青森県の酸ヶ湯温泉、奥入瀬、岩手の台温泉、福島の高湯温泉なども行ったが、玉川温泉が一番良かった。
16 4/8 土田

玉川2
玉川温泉 は、酸性の非常に強い温泉です。鉄の包丁を朝入れておくと夕方には錆びてボロボロになるくらいですが長湯は無理ですね。
17 4/13 橋本

玉川3
2年前でしたか、主人と一緒に玉川温泉に行きましたが9000リットル/分のお湯が涌く様は、竜が舞い上がるがごとくの圧巻です(*_*)そこから涌いて川になって流れるのですから凄かったです(@_@)岩盤浴もとても心地良かったで〜す♪お湯も口に含むとピリピリしますが、それがとってもイイんだと、地元のおばちゃんも言ってました!主人の調子もよく、私も血圧も下がり、ゆっくり出来て本当に行って良かったで〜〜す。(~o~)是非、オススメです♪
18 4/16 むとう

玉川4
クイズの答えの玉川温泉、温泉好きな方にはとてもいいです。ただ、ちょっと肌の弱い人にはきついでしょう。しかし、がんを患っている方はもちろん、健康な人でも一度は絶対に体験してみるべき価値のある、とても強烈な温泉です。近くには火山あり、他の温泉もあり、八幡平は正に、温泉と鉱物資源の宝庫です。ただ救急車で運ばれる人もいる(人数は少ないですが)ので、肌の弱い人や、泉質の合わない人もいるのも事実です。よく調べた上で行ってみましょう。しかし、繰り返しますがほんの数秒でもあの酸性のとても強い、しかしぬるい温泉(酸がきついからぬるくしているのだと思いますが、)に浸かってみると一生の思い出になることは間違いないと思います。
19 4/23 愛58ちゃん

野地1
我が福島県に野地温泉がございます。乳白色の温泉で、子宝にも?恵まれる温泉だそう。いくつかの湯船があり、時間で男女入れ替えになっていますので、女性の方も安心してご入浴できると思います。近県からもたくさんおいでになり、日帰り入浴も低料金で楽しめます。是非、近くにいらしたときには、お立ち寄りくださり、野地温泉 を楽しんでいって欲しいと思います(*^_^*)HPもありますので、是非ご覧になってお出かけくださいね。
20 4/30 磯邉

土湯沢1
磐梯山中腹に沸く「土湯沢温泉」がおすすめです。猪苗代町から裏磐梯に上がる県道に案内板が出ていますが,県道から砂利道を少し入るとそこに農家風の家が。(秋は庭に大根なぞ干してあったりします)間違ったかと思うと,そこが土湯沢温泉。有名な土湯温泉でもなく、湯沢温泉でもない。土湯沢温泉。湯船はそう大きくはありませんが入浴後失礼しようとすると「みかんでも食っで行げ」の声。素朴で温かな温泉です。磐梯山周辺の温泉としては,珍しくアルカリ泉質です。スキーや登山の帰りにぜひ!
21 4/30 横山

高湯4
福島県の高湯温泉がおすすめ。高湯温泉は磐梯朝日国立公園の標高約750メートルの高原に位置し、四季を通じて自然を満喫できる自然湧出の硫黄泉である。福島から車で約30分、温泉近くなると硫黄泉独特の温泉の湯けむりと香りが鼻をつき、我々を出迎えてくれる。自然湧出の源泉が10ケ所ほどあって10件近くある旅館では、各自が落差を利用して引き湯をし、源泉掛け流しの湯量の豊富さは、日頃の疲れを癒すに相応しい屈指の温泉場である。玉子湯や安達屋などの旅館の他に「あったか湯」という名の温泉組合経営の共同浴場も開設され一回入浴250円という手軽さも受けて、いつも賑わっている。源泉掛け流しの白濁の硫黄泉に心ゆくきで一人ひたる時、生きていることの幸せに感謝し、音をたてて湧き出るお湯に、生きることの希望とその力を与えられる自分を見出すことが出来る。
22 4/30 サランパン

白布1
山形県の白布温泉中屋別館不動閣はお勧め。4〜5年前になりますが3連泊してきました。宿の構えは何の変わりもない宿で階段の登り下りもありますが温泉は掛け流しの風呂で本物の湯の花もういており広々とした湯船で気持よかったです。見るところは白布大滝ぐらいですが立ち寄り湯もあります。歩き疲れても温泉に入ると不思議に疲れが取れ、夜はよく眠れました。温泉旅館利用して感じるのは旅館の構えがよくて、料理もよいが温泉と係員の態度が悪かったりして気分を壊す事がありましたが不動核閣は構えはままですが温泉と係りの若い人の接客態度がよかったのが印象に残っています。

中屋別館 不動閣


四季折々の変化を目で見て感じて味わえる「中屋別館 不動閣」自然の緑を一望できる広々としたオリンピック風呂、露天風呂は歴史と伝統を感じさせます。お料理は四季の味わいを心を込めてお作り致します。
23 5/6

会津東山1
福島県に在る会津東山温泉がお奨めです。泉質はあっさりしていますが、風呂から出ても何時までも体がホカホカです。それと小原庄助さんの地元らしく美味いお酒が数多くあります。
24 5/7 さとりんの
パパ

湯野浜1
山形県湯野浜温泉は、大きい、豪華な高級な旅館は余り無いが、其の分、家族的な雰囲気の旅館が多く、ホッとできる。日本海を目の前にしたロケーションは抜群だし、近頃は露天風呂を増設しており、施設的にも充実してきている。料理は勿論日本海の魚介類と山菜料理が抜群だし、何といっても庄内平野で採れた「庄内米ささにしき・はえぬき・どまんなか」等、お米が立っている美味しさは最高です。
25 5/20 田村

蔵王2
蔵王温泉は、大露天風呂を擁しているのが私のお気に入り。ただ蔵王温泉は冬場に入れないのが少々残念。
26 6/4 小野

いわき湯本3
福島県いわき湯本温泉がお勧めです。湯本生まれの湯本育ちな者で幼い頃より温泉三昧でした。別に贅沢してた訳ではありません。そういうふうに生活するのが自然でありました。日本各地の温泉をまわりましたが今でもいわき湯本温泉は私にとって身近で自然な存在です。
27 6/7 サーク猫

鳴子1
中山平温泉がおすすめ。多分日本一のにゅるにゅる温泉で、硫化水素臭もたっぷりです。
28 6/8 鈴木ネロ

鶯宿1
岩手・鶯宿温泉がお勧めです。食べ物がおいしかった♪温泉もきれいでたくさんあったし、近場にレジャーもあり家族で楽しめました。子供も温泉好きになりました。
29 6/11 たご

銀山1
銀山温泉をお勧めします。先月銀山温泉に行って来ました。静かに流れる銀山川を挟んで並ぶ大正ロマンの湯の街は思った通りの風景でした。温泉は細かな湯花が混じった乳白色の含食塩硫化水素高温泉です。湯上がり後の体はつるつるで何ともいえない気分でした。近くには高さ22メ−トルの白銀の滝を眺めながら国指定史跡の銀山鉱銅が見られます。秋には紅葉が綺麗だと聞いてますので又行きたいと思っております。 
30 6/24 まるちゃん
2323

いわき湯本4
いわき湯本温泉がおすすめです。とにかくあったまる。手ぬぐいは温泉に浸かると黄色に変色しますが人間は変色しません。
31 6/25 こうちゃん

高湯5
福島市、高湯温泉。乳白色の温泉と市内を見晴らせるロケーション、山岳観光道路、磐梯吾妻スカイラインの入り口に位置してます。
32 7/9 のぶちゃん

不老不死1
不老不死温泉は、露天風呂からの日本海の眺めが最高です。
33 7/20 佐藤

銀河1
岩手県雫石町にある銀河温泉「森のしずく」(けんじワールド内)がお勧め。豊かな自然に囲まれ、湯の量も豊富で、料理も素晴らしいです。従業員の接客態度も、心温まるもてなしです。
34 7/30 中村

酸ヶ湯2
よく知られた青森の 酸ヶ湯温泉の千人風呂に行きました。なお混浴が残っていて、妻は恥ずかしがっていましたが、みんなおおらかな感じでした。白濁のやさしいお湯で、いつまでも入れそうな気持ちになります。 大鰐温泉もとてもやわらかいお湯でした。毎日入れる地元の人がうらやましくなります。
35 8/13 筒井

野地2
野地温泉がお勧めです。5つの湯が夫々特徴があり、ゆったりとくつろげる温泉です。また料金も手ごろです。
36 8/15 佐藤

つなぎ2
岩手県盛岡市繋(つなぎ)温泉 愛真館がお勧め。NHK朝の連続ドラマ「どんど晴れ」の温泉のロケ地に選ばれた老舗の旅館です。豊かな自然に囲まれ、近くの御所湖では遊覧施設がありボート等で楽しむことができます。温泉の量も豊富で、料理も四季折々の新鮮な食材を使用して、盛り沢山のメニューです。もちろん、従業員の心温まるおもてなしには、安らぎと感動でゆっくりくつろぐことができました。
愛真館

「どんど晴れ」撮影で、当館縄文露天風呂が使用されております。個性的な庭園縄文露天風呂、300坪の大浴場と300畳の大露天風呂で、天然の湯を楽しむことができます。
37 8/16 吉田

玉川5
南玉川温泉は、自然に囲まれ人工的な音が一切聞こえてこない。温泉は珍しいオレンジ色。車で少し走ると田沢湖があり観光もOK。
38 8/19 KG

いわき湯本5
いわき湯本温泉がお勧めです。地元の人が通う「東湯」の老朽化に伴い、JR湯本駅の直ぐそばに新たな公衆浴場が建設されています。11月にはオープンする予定。駅前や駅のホームには足湯も有るし、駅から徒歩2〜3分の場所に公衆浴場もできることで、ちょっと寄り道感覚で源泉かけ流しのいわき湯本温泉を味わうことができます。
39 8/20 中嶋

乳頭2
乳頭温泉がお勧め。源泉であること、ひなびた温泉であること、周りの景色が抜群。
40 9/2 medusa

土湯1
8月30、31日と福島の土湯温泉に1泊してきました。手術をしたばかりなので残念ながら湯船につかれませんでした。部屋の風呂も温泉ということなので、湯船にお湯を張り、足湯だけ楽しみました。
41 9/3 リオちゃん

乳頭3
乳頭温泉郷は、湯量が豊富で、身体の心まで温まる感じがする。露天風呂は、周りの景色と調和していて、心身ともにリラックスできる。本当に「きてよかったなあ〜」と実感できる。
42 9/3 ロン

銀山2
銀山温泉は、銀山川にそって立ち並ぶ木造3階建てのレトロな趣のある旅館ではなかったが、温泉街から少し離れ、やはり銀山川に面した銀山荘。料理ももてなしも良かったが、鳥の鳴き声を聴きつつ、川に向かって入る露天の寝湯は最高。本当にゆったりと温泉を楽しむ事が出来た。
銀山荘 

古き良き大正ロマンの漂う銀山温泉。湖上の山々がおりなす四季の彩りをのんびり眺めながら入る露天風呂。東北唯一の寝湯露天風呂。自然を満喫しながら、露天風呂で頂く風流な竹酒もオススメ(別料金)。
43 9/4 ポコさん

蔵王2
蔵王温泉大露天風呂は、野趣あふれる露天風呂で、マイナスイオンたっぷりの森林浴をしながらの入浴は、疲れた体を生き返させてくれる。
44 9/24 千里の虎

酸ヶ湯3
青森県の酸ヶ湯温泉。数少ない混浴である。温泉は硫黄泉で白濁しているが、雰囲気は、すこぶるクラシックで江戸時代の温泉はこのような光景だったのではと思った。入る前は混浴が気になって嫌がっていた女房も、気分よく入浴していた様は、出てからの饒舌ぶりで証明出来た。一度は行くべき温泉である。
45 9/24 岩井

鳴子2
これからの季節、紅葉の美しい鳴子峡(宮城県)の近くにある鳴子温泉を推薦します。鳴子は、こけしも有名で、こけし館もあり、散策も事欠かないし、温泉も老舗宿から、近代的な宿までバラエティに富んでいる。また、湯量が豊富(かけ流し)で、源泉を数本持つ施設もある。
46 9/27 かじさん

花巻1
南花巻温泉郷鉛温泉愛隣館』がお薦め。バイクの一人旅でしたが、格安のお値段で泊めて貰えました。お風呂上りのラーメンコーナーでのサービスビール(ジョッキー1杯200円)も嬉しい限りです。食事もお風呂もよかったです。とても満足して泊まる事が出来ました。
愛隣館  

2つの源泉、多彩な浴槽で温泉三昧!源泉100%掛流しの「陶器風呂」、立って入る「立湯露天」、「シルクバス」など個性的。「かまどダイニング」など夕食も手作り中心でおすすめ!岩盤浴&エステも好評!
47 10/8 H.Shun

鎌先1
宮城県・ 鎌先温泉旅館・ 湯主・一條:2種類のかけ流しの温泉に入り個室の食事処でおいしい食事。心のこもったもてなしをしてくれる本当に心身ともにやすまる温泉宿。歴史を感じさせる建物もなかなか良く部屋の掃除も行き届いている。近くには「こけし」の里もあり目の前でろくろを回して作ってくれるので立ち寄られることをお勧めする。東北道白石ICから10分ほど。

朝夕個室料亭でいただく
贅沢 時音の宿 湯主一條

  

泊まって良かったランキング【No,1】の実績(じゃらん調べ)。美味しい料理とリニューアルしたロビー、お部屋は落ち着きがあり、お洒落、快適、と特徴豊か。大切なかたとのワンランク上の時間を演出します。

48 10/15 kobavic

母畑1
先日、福島にある母畑温泉の八幡屋さんに宿泊してきました。豊富な温泉施設と仲居さんが帰りの見送りに皆さん出てきていただき圧巻でした。施設も立派で申し分はないですが、そういったソフト面も充実しており皆さんにお奨めの宿でした。
49 11/4 まもる

後生掛1
秋田県の後生掛温泉がおすすめ。。ほんまの掛け流しの硫黄泉。蒸し風呂、泥風呂など色々なバリエーションがあって楽しみながら温泉に入れ、体も良くなる。自然歩道もお奨め。
50 11/5 zxm29325

古牧1
古牧温泉(青森県)がおすすめ。古牧グランドホテルの千人風呂は予想以上に大きく経験する価値がある。
51 11/5 ryo

酸ヶ湯4
青森の酸ケ湯温泉、女性もいたって入りやすい混浴温泉、日帰りも良いですが泊まって夫婦でのんびりと白濁湯浸かると会話も又はずみます。
52 11/17 mori

角館1
角館温泉。ここは由緒があるとかそういうのではないのですが、近年武家屋敷のある落ち着いたたたずまいで人気のある秋田県角館の市街にあるということで、私のお気に入りです。というのも、武家屋敷などの見学は駅から少し離れているということもあって、結構疲れるのですが、この温泉は町の真ん中にあって、その旅の疲れを癒すのにちょうどいいのです。特に混み合うと言うこともないので、500円でゆっくりできます。
53 11/19 トロピカル

温川山荘がお勧め。川のせせらぎが、すぐそばに聞こえる本館とは離れている混浴の露天風呂が最高!湯は無色透明なので、カップルには夜がお勧め。真ん中に岩のテーブルがあるので、酒でも飲みながら、星空or雪見で30分以上のんびり浸かれること間違いなし。昼なら新緑の春と雪見の冬が特にお勧め!!
54 11/19 TANTAN

小豆1
福島県・小豆温泉の「花木の宿」を推薦します。携帯電話が入らず、テレビも衛星放送のみという静かな環境でゆったりできます。貸し切り風呂は1つだけで競争率が高いですが無料。食事は温泉宿には珍しい中華。ボトルで頼んだ紹興酒の残りを部屋に持って帰る時には、氷&グラスを無料で持たせてくれる気配りが嬉しかった。売店で売っている缶のトマトジュースも美味しかった。
55 11/26 ユバカ

玉川6
玉川温泉(秋田県)がお勧め。湯量が豊富でしかもなぜか全ての病気が癒されるような雰囲気をもった環境と独特の泉質は他に類をみない最高の温泉だと思います。また近くには有名な乳頭温泉や八幡平周辺に至っては後生掛温泉をはじめ良質な泉質をもつ温泉が数多くあり、まさに温泉天国・王国地域の王様的存在と言っても過言ではないと思います。
56 11/26 KG

あゆり1
福島県矢吹町のあゆり温泉は、日帰り入浴だけですが源泉温度57℃のお湯をかけ流しで使用し、毎朝、浴槽の湯を完全に抜いて清掃し、また新しいお湯を入れています。入浴するとすぐに肌がぬるぬるした感じになり、美肌の湯を実感できます。しかも、元町営施設とあって、入浴料は大人300円、子供100円と激安です。
57 12/2 Dan

鳴子3
鳴子温泉(宮城県)がおすすめ。街自体は寂しい気もするが、周りの観光地は風情があって気持ちが安らぐ。また何と言っても「お湯」が最高!ぬるっとしているが、さらさらしている。不思議で気持ちのいいお湯です。
58 12/3 トロピカル

松川1
岩手の八幡平の麓松川温泉が最高です。3軒の宿とも、松川渓谷のせせらぎを聞きながら入る乳白色の硫黄泉の露天風呂は、そんなに臭いもきつくなく、肌にも滑らかで、美人の湯です。特にスキー帰りの冬は、雪見しながらの最高のひとときです。また、紅葉も絶景です。
59 12/3 もえ

青根1
青根温泉エコーホテル(宮城県)ツアーで2泊しましたが、ぬるめで大きな露天風呂が最高でした。頭に良い湯ということでしたが、本当に精神的疲労が癒され、評判に偽りなし。古賀政夫がその昔、失恋と仕事の悩みで青根温泉で湯治をして名曲の影を慕いてを作ったそうで、古賀政夫記念館(無料)や歩いて登った所に記念碑があります。石に乗ると音楽が流れます。さてエコーホテルは値段の割りに食事も美味しく部屋も接客もまずまずといったところ。窓からきれいな星がたくさん見れました。露天風呂からも。ただし、露天風呂は寒いときは厳しいから冬以外がお勧めです。10月は紅葉がきれいでした。新緑のころも良さそうです。また是非いきたいと思います。
60 12/5 ごん太2

裏磐梯1
11月は福島の裏磐梯温泉と京都の湯の花温泉に行きました。裏磐梯は天候がいま一つで磐梯山や高原が見えなかったけど、五色沼あたりを散策しました。裏磐梯休暇村に泊まりました。内湯も露天も温泉なのに、お湯の色がちがうのに驚きました。内湯は無色、露天は鉄色でした。本当は乳白色が一番すきなのですが、なかなか出会いません。青森・酸ヶ湯温泉がなつかしいです。
61 12/24 とし

土湯1
福島県の土湯温泉と向瀧旅館がおすすめ。ゆったり、のんびり、3食付プラン。接待、設備、食事も良く年寄りには満足しました。温泉街も散策して良かったですよ。

土湯温泉 向瀧旅館


自然いっぱいの土湯温泉に佇むお宿。渓谷の木々を眺めながらの絶景露天風呂は、檜と岩の2種類。福島の名物料理や1000本もの世界各国のワインを貯蔵したワインセラー等館内で存分にお楽しみいただけます。
62 12/31 泉とおる

花巻2
花巻温泉郷「大沢温泉」(岩手県)がお勧めです。実は、花巻温泉郷大沢温泉から帰ってきたばかりです。今年はあまり寒くありませんでした。大沢温泉は、宿の名前で、近代的恒久旅館の山水閣、茅葺き木造の菊水館、自炊部から成っています。風呂は何箇所もありますが、そのうちの一つ豊沢川を望む有名な露天風呂は、自炊部の奥にあり、対岸の菊水館が古きよき日本の田舎情緒を醸し出し、何とも言えない情緒があります。自炊部は、宿泊代に浴衣、布団、暖房などの代金を積み上げて払うシステムです。自炊がこんなに便利なところはありません。売店で食材を売っているので買出ししてくる必要もありません。炊事場は、立派な施設で温水も出ます。特筆すべきは、食事処が併設してあり、なんと自炊しないでもいいのです。また、炊き出しといって、ご飯と味噌汁を買うこともできます。東京から花巻までは夜行バス(イーハトーブ号)があり、7000円+αで行けます。駅からは時間は限定されますが、無料バスも出ています。

大沢温泉 山水閣
 

純和風の山水閣、昔の湯治場のままの自炊部、対岸に茅葺屋根の別館菊水館と趣の異なる3棟からなり、湯巡りが楽しめる。宮沢賢治など多くの文人に愛されてきた宿。お食事は花巻の匠受賞の自慢の会席膳を。




お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]