温泉宿情報 温泉クチコミ 滋賀県
全国の温泉宿−温泉・温泉宿の情報が満載!
温泉と温泉宿のクチコミ情報を掲載しています! ハイクラスの宿 クチコミ評価高い お風呂が源泉

■北海道・東北
北海道
青森県 岩手県
秋田県 宮城県
山形県 福島県
■関東
群馬県 栃木県
茨城県 埼玉県
東京都 千葉県
神奈川県 山梨県
■信越
新潟県 長野県
■東海
静岡県 愛知県
岐阜県 三重県
■北陸
富山県 石川県
福井県
■関西
滋賀県 京都府
大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県
■中国・四国
岡山県 広島県
鳥取県 島根県
山口県
愛媛県 香川県
徳島県 高知県
■九州
福岡県 佐賀県
長崎県 熊本県
大分県 宮崎県
鹿児島県 沖縄県


◆1.須賀谷温泉 20110123
2011年の新春はNHKの大河ドラマ「江」で始まる。小谷城址にほど近い温泉と言えば浅井長政にゆかりのある「須賀谷温泉」である。雪深い北近江を訪ねて快い旅の疲れを小谷城址を眺めながら「須賀谷温泉」に泊まるのもよい。夕食には何と言ってもお奨めは琵琶湖名物の鴨鍋である。又「ウナギのジュンジュン」もおすすめです。食事を楽しんだ後には再び温泉へ、ここ「須賀谷温泉」の湯は「含ヒドロ炭酸鉄泉」で貧血、冷え性、胃腸病、神経痛、皮膚病などに効果があるという。帰途には梅の香漂う近江路に長浜の盆梅を楽しみましょう。(ヨシ)

須賀谷温泉


源泉は無色透明で、空気に触れると赤茶色になるという独特の湯。食事は本場の近江牛や季節の会席、冬場はカモ・ボタン・カニ・ふぐも楽しめる。観音の里、戦国の舞台として知られる歴史の宝庫。

◆2.琵琶湖温泉 20110206
先日、琵琶湖温泉に行ってきました。大型ホテルですから、温泉は循環しているでしょうが、部屋からも浴室からも琵琶湖が一望できます。夜の湖畔の噴水や、比叡山の雪景色がすばらしいです。(ZIMA)
◆3.雄琴温泉 20110709
京都の奥座敷として、多くの人たちに愛され続けている雄琴温泉を推薦します。泉質はアルカリ性単純温泉でリューマチ、神経痛、皮膚病、胃腸病、婦人病などに効くそうです。琵琶湖の畔にあり宿泊した旅館は、湯元館といって琵琶湖を一望出来る眺めも大変良いところでした。宿の仲居さんも親切で気を使って下さいました。又夜の食事は、新鮮な魚介類、色々なお料理、本当に美味しく頂きました。(たご)

湯元舘


野趣あふれる露天「湯幻逍遥」や琵琶湖一望の露天「月心の湯」など趣の違う館内4ヵ所のお風呂で湯めぐりをお楽しみ下さい。スパエステ「結宇(ゆう)」のアーユルヴェーダやシロダーラもご好評♪
◆1.信楽温泉 20120610
信楽温泉多羅尾の湯を紹介します。ゴルフ場の中にある温泉で、ホテルやコテージなどもあるリゾートです。お湯は、当地に多いアルカリ温泉で少しぬるっとした美人の湯です。地元の人も温泉だけに来られる方も結構居ます。循環ろ過ですがなかなかいいお湯で、家族で行くにはいいと思います。(しょう)

ホテルレイクヴィラ


全36ホールを誇るゴルフコースに気軽なショートコース、テニスコートや温水プール、そして露天やサウナ、エステまである天然温泉等、1日を贅沢に過ごせる本格リゾート施設。宿泊はホテルかコテージを。
◆1.信楽温泉 20130203
信楽温泉多羅尾の湯に行った。「こんなとこに温泉が?」と疑問だったけど、成分表に「単純アルカリ泉」とあった。入ると温泉臭は無いものの、まったりして温泉であることには間違いなかった。寒さがすっとぬけていく感じがした。ここはホテルも併設していて、本館もあるがコテージが安かったので、そちらにした。これがなんとも立派なコテージ。メゾネットで2階には洋室が3室。階下はリビングやキッチン、和室など。余裕で8人は泊まれる。要するに大家族やゴルフ仲間ときたときの施設なのだ。冬だからこれだけ広いコテージが格安。ただ露天風呂もついていたが、あまりの寒さのために利用せず。しかも大浴場やレストランまで、歩いて10分程かかる。この寒さのなか、歩いてもいられず、車で移動したのだった。浴衣で車を運転したのは初体験だった。夏なら値段は上がるだろうが、ファミリーにはおすすめの宿だ。ただし飲まない人向きか。(ごん太2)
◆1.須賀谷温泉 20150829
屋号がない温泉旅館があった。滋賀県の須賀谷温泉がそれ。温泉名すなわち屋号なのだ。不思議としか言いようがない。温泉の一軒宿だからそれで通じるという宿の思い込みなのかもしれないが、家族に伝えるとき「須賀谷温泉のどこに泊まるの?」と聞かれたら答えにくいこともはなはだしい。ではそこまでプライドがあるかと言われたら、NOとしか言いようがない。こじんまりしていて、清潔感がいっぱい。部屋もアメニティーもよい。ただ若干の不満は夕食の質と量か。近江牛とうたっているが、滋賀の宿がすべて近江牛を出すわけでもあるまい。13000円程で近江牛が出るはずもないと、関西の人間ならだれもが見抜く。旅行社から予約するとカードが使えないというのも、大手らしくない。ただし非難ばかりしているのでもない。先にも言った部屋の清潔感。アメニティーなど申し分ない。食事の質や量をあげて、しゃれた屋号をつければ、滋賀・湖東の宿として一流になっていくに違いない。(ごん太2)




お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]